ハイマメTalk

主婦のシンプルな日常と旅行・趣味・USAネタ

【旅行】レアなほどハードな屋久島・縄文杉登山は達成感に満ちている

 

f:id:beautifuleveryday:20170830161654j:plain

あんなにハードだとは知りませんでした、縄文杉登山。

もう予想以上にハード!途中何度も「もうやめたい〜」と泣きそうでしたが(泣いてはいない)夫に励まされ、なんとかかんとか登り切りました。

登ってみると縄文杉への感動以上に「自分よく頑張った!」と自分を褒めたくなりました。そんな達成感に酔いしれていたのでうっかり縄文杉の写真も撮り忘れ、慌てて夫から譲ってもらったという始末。でも不思議なもので、きつい思いをした旅の方が、思い出深いものがあるんですね。

 

 

      

1. 1日目 屋久杉ランド

 

f:id:beautifuleveryday:20170830164855j:plain

 鹿児島港からフェリーで5時間ほどかけて屋久島へ。海も穏やかで、揺れもほとんど気にならなくて快適。

屋久島へ到着したら、ご当地マスコットらしき『まるりん』が出迎えてくれました。

ご当地マスコットはいつも気になります。

f:id:beautifuleveryday:20170830161659j:plain

f:id:beautifuleveryday:20170830162038j:plain

 nomado cafeという可愛いカフェでランチもいただきました。

f:id:beautifuleveryday:20170830161945j:plain

屋久杉ランドは軽く散歩がてら歩けましたが、見事な杉林で良い香りが充満していて本当に癒されます。コースによってはきついトレッキングもあるみたい。 

f:id:beautifuleveryday:20170830161939j:plain

お宿は『いわさきホテル』です。開放感たっぷりの窓が素敵です。

そういえばロビーで新聞を読んでみたら、朝刊は夕方届くのだそう。

離島なんだなーと改めて実感しました。

2. 2日目 縄文杉登山

 

f:id:beautifuleveryday:20170830161702j:plain

 いよいよ、メインの縄文杉登山です!

4時に起床して登山者用のバス停へ。すでに登山客が大勢集まっていました。

順番に並んでバスで登山口まで移動。(移送?)

登山料金は任意だそうですが、一応お支払いして登山客名簿にしっかり記名。

ここからは各自で歩き始めます。最初はトロッコ道だったので傾斜もなだらかで、おしゃべりなどを楽しみながら軽快に歩きます。

 

f:id:beautifuleveryday:20170830162034j:plain

 途中ほっこり写真スポットのウィルソン株。ハート型なんですよ。

洞窟の中に順番に入って撮影タイムです。

その後また延々と登ったり下ったりしながら、時には崖じゃない?危ないんじゃない?というような場所もあったりです。

その間に雨も降ったり止んだりなので、コントのようにカッパを着たり脱いだりしながらです。縄文杉付近まで行くと、すでに登山し終えて下山する人たちとすれ違います。

すれ違いながら道を譲られたり挨拶を交わしたりするのって、なんだか良いもんですね。よほどしんどそうな顔をしていたのか、よく「ガンバレー」「あと少しだよ」とエールを送られました。

あの時の方々ありがとう!私も無事に登り切りましたよ!(写真は撮り忘れたけどね)

 

f:id:beautifuleveryday:20170830161952j:plain

 4時間以上かかってついに到着しました!

本当によく頑張った。みんなが写真撮影をしている中、ぼーっと縄文杉を眺めていました。そして写真も撮らずに下山したという。

その場を満喫するのはいいが、こういうのはしょっちゅうで、後で焦って夫に写真を恵んでもらうという。

そんなわけでこの日の温泉は最高でした〜!

 

3. 3日目 屋久島1周ドライブ

 

f:id:beautifuleveryday:20170830161707j:plain 

西部林道では、野生の猿や鹿と出会えます。人慣れしていて平気なご様子。

離合ができない場所が多いので、ライトやミラーで対向車に気をつけながら徐行して譲り合いの精神です。

 

f:id:beautifuleveryday:20170830161942j:plain

 東シナ海に面した海を眺めたり

f:id:beautifuleveryday:20170830161949j:plain

 有名なカツ丼を食べたりして屋久島をぐるっと1周しました。

 

4. 最終日

 

f:id:beautifuleveryday:20170830161648j:plain

 千尋滝・大川滝などの滝スポットや、足湯を楽しんでから海が見えるごはん屋さん『屋久どん』で、美味しい飛び魚丼を食べました。

 

地元の方の話では、屋久島に旅行に来て気に入った人が移住してくるということが珍しくないそうで、それもわかるなあと感じるようなのんびりさが居心地の良い屋久島でした。