ハイマメTalk

主婦のシンプルな日常と旅行・趣味・USAネタ

【習学】私のお琴のはじめ方

 f:id:beautifuleveryday:20170908160749j:plain

今年からお琴を習っています。きっかけは「日本文化を学ぼう」と思っていたのと、昔から気になっていたから。妹と姪っ子が1年間だけ習ってみたというのを聞いたので身近に感じました。始めてみたらとても楽しく、音色にも癒されます。まだまだ駆け出しですが、ちょっとお琴に興味がある人が疑問に思っていそうなものを想像しつつ、私が経験したことを紹介していきます。

 

1. お琴教室&料金

f:id:beautifuleveryday:20170907210618j:plain

この2つは何かを始める際に一番気になる、と言っても過言ではないですよね。まずは近場でお琴教室があるかどうかリサーチ。すると、個人・グループレッスンなどの教室が幾つか見つかりました。次に料金形態を比較します。相場も分からないのでまたまたリサーチです。

  • 入会金 5000〜1万円
  • レッスン代 6000〜1万円+α (1ヶ月3回稽古)

 各教室の特色や料金を比較して個人レッスンの教室に決定しました。ただし後日談があって、わずか2ヶ月で個人レッスンの教室からグループレッスンの教室へと切り替えたのでした。

理由は、

  • 私には個人レッスンが向いていなかった
  • 料金以外に後から追加で払うものがちょいちょいあった
  • レッスン回数にムラがあった(月3回のはずが2回になったり。。。)

など説明不足やアバウトな運営方針に不信感を抱いてしまい、気持ち良くレッスンを受けられそうになくなったから。。。もっと細かく確認すべきだったなと反省しました。

 

2. 準備したもの

お琴の稽古のために、道具を揃えます。何が必要なのかも分からないし、道具代もとっても気なるところですよね。 

私が揃えたものと値段

  • 琴(義母から譲ってもらったので料金なし)
  • 琴柱(義母から譲ってもらったので料金なし)
  • 琴台(カバー付き)  12900円
  • 糸張り替え代      10000円
  • 琴柱ケース            2980円
  • 譜面台           1200円
  • 爪(生田流)        4500円
  • 楽譜コピー         100円

             合計  31680円  

これだけあれば、一応レッスンには差し支えないと思います。

糸の張り替えは新品を購入した際には必要ないでしょうが、私の場合しばらく使用していない琴を譲ってもらったので糸が緩んでおり、張り替えになりました。(糸の張り替えはいつかは必要になるので、一応頭に入れておいた方が良い)

琴柱ケースは必ず必要というわけではなくポーチに入れている人もいますが、琴柱が破損しないように保管するためには長く使えるものだし専用ケースの方がいいと思います。

※他に、教室によっては調弦をするチューナー(2000〜3000円くらい)も必要になってくるかと思います。

※爪は流派によって形が異なるので通う前に確認が必要

※ネット通販などで、琴一式30000円程度から販売もある

 

探せば、費用を抑えることもできそうですね。教室によってレンタル制度もあるので、始めはそちらを利用して続けられそうだったら購入するという手もあります。

 

3. 稽古の様子&感想

個人レッスン(1時間)

 ① お琴の準備(お琴ケースから出して、琴柱を立て譜面台を設置)

 ② 調弦は先生にやってもらう

 ③ レッスン(休憩なしで1時間)

 ④ 道具を片付け終了

 

f:id:beautifuleveryday:20170907155851j:plain



個人レッスンの感想

本来なら初心者はマンツーマン指導をしてもらえる個人レッスンの方が、上達も早くやりやすいと思います。けれど私の場合マンツーマンだと、先生から注意されたことを意識しすぎて緊張とプレッシャーで集中できなかった。。。(プレッシャーに弱い)それと、先生との相性もあるかなと思います。私の質問の仕方が悪いのか?先生の回答がうまく噛み合わないことがあり、帰って自宅で練習しようと思っても結局分からないままになってしまいました。見学や面談の際に、そのあたりも観察して検討すべきかもしれません。

 

今のグループレッスン(2時間)

 ① お琴の準備(お琴ケースから出して、琴柱を立て譜面台を設置)

 ② 調弦は先生にやってもらう

 ③ 経験者と初心者の2グループに分かれてレッスン(1時間)

 ④ 休憩15分を挟んで、合同レッスン(45分)

 ⑤ 道具を片付け、軽く掃除して終了

 

グループレッスンの感想

グループレッスンは私には合っていました。「間違えないように」「みんなの足を引っ張らないように」という程よいプレッシャーのおかげで、集中できます。

 

また、

  • 他の生徒さんが注意されている部分を自分でも気をつけられる
  • 経験者の生徒さんをお手本にできるのでわかりやすい
  • 合奏ができるので雰囲気も違う

などありますが、1番大切なのはやっぱり『楽しい』ことです。休憩時間にお琴の体験談やそれ以外の話もあったりして、ためになるし単純に楽しくもあります。やっぱり楽しくないとレッスンも続けられないですもんね。

先生や他の生徒さんがお琴が好きで楽しんで弾いているのを感じられるので、私も楽しくやれています。

私は気にならないが欠点を考えてみると、

  • 他の生徒さんにも合わせるので進み具合がマチマチになる
  • 間違えてばかりだと恐縮してしまう
  • 先生の目が行き届いているか不安になる

 

などでしょうか。最終的には好みや進む方向性によって各自で決めていけば良いのかなと思います。 

先生の教え方が良いのと、教室の雰囲気が良いのとで上達がすごく早いと言われている1年生組。家練習にも気合いが入ります。

来年には演奏会もあるので、頑張らねばです💪

そんなわけで、少しずつお琴の魅力に惹きこまれているところです。

 

f:id:beautifuleveryday:20170907155543j:plain