HAIMAME TALK

楽しいことをしよう

京都さんぽと老舗うなぎ店『京極かねよ』の名物きんし丼

 

こんにちはハイマメです。

 

  

京都市・四条で用事があったので、京都さんぽとランチをしました。

大丸や錦市場をさんぽして、ランチに義父の思い出の老舗うなぎ店『京極かねよ』へ行きました。

 

 

錦市場を京都さんぽ

f:id:beautifuleveryday:20200915203424j:plain

天井には錦市場のイメージカラーが


四条駅を降りてすぐのところにある錦市場は、「京の台所」と呼ばれ400年もの歴史ある商店街です。

道幅5mほどの狭い通りが390mもつづく錦市場商店街に、およそ126店もの様々な商店がならんでいます。

コロナ以前は地元の人から観光客まで大勢の人で賑わっていて、歩くのも大変だったそうです。

いくらか観光客の姿も見られましたが、まだ空いていたので今はチャンスかもしれませんね。

f:id:beautifuleveryday:20200921070509j:plain

f:id:beautifuleveryday:20200921070530j:plain

f:id:beautifuleveryday:20200921071206j:plain

©️公式HP

 

京都の旬な京野菜・京漬物・湯葉・お茶・鮮魚などの食材や、食事処・料理道具・雑貨店などもありました。

漬物や湯葉に惹かれましたが、このあと寄るところがあったので今回は物色だけ。

 

f:id:beautifuleveryday:20200915203433j:plain

 

和風スヌーピーカフェを発見。

映えスポットで、かわいい女子たちが写真を撮っていました。

 

  

ランチは老舗うなぎ店『京極かねよ』の名物きんし丼

f:id:beautifuleveryday:20200915203532j:plain
f:id:beautifuleveryday:20200915203536j:plain

 

大正初期に建てられた老舗うなぎ店『京極かねよ』は、店構えにも貫禄がありました。

2階へ登る階段が斜めになっていたり店内には年季の入った柱など、レトロ感が漂っています。

老舗と言っても大衆食堂がコンセプトのお店なので、気負わずくつろいで食べられますよ。

そういえば”おはよう朝日”(朝の情報番組)では大正レトロブーム特集をしていました。

『鬼滅の刃』の影響もあるみたい。

大正レトロを味わうのにも良さそうです。

 

f:id:beautifuleveryday:20200915203538j:plain

 

私が注文したのは、人気ナンバー1のきんし丼(並)2,600円。

器からはみ出た京風玉子焼きが衝撃的です!

夫の注文したうなぎ丼(特)に比べて、器と漬物の差別がありました。(笑)

でも漬物はどちらも美味しかった。

 

f:id:beautifuleveryday:20200915203542j:plain

 

この京風玉子焼きは出汁が効いていて本当においしかった。

さすが人気ナンバー1。

おまけに相当分厚くて食べ応えがありました。

玉子焼きの下にはうなぎも3切れ乗っています。

義父は「昔の方が炭火の香りが強かった」といっていましたが、私には満足の美味しさ。

ただ、こんな時期なので団体観光客がおらずお店が空いていてエアコンが寒かった。

まさかの羽織りものが必要なほどでした。

 

HOME | 日本一の鰻・京極かねよ

 

おまけ 大丸で京都限定ハラダのラスク

f:id:beautifuleveryday:20200915203549j:plain

3個入り810円

 

大丸京都店のガトーフェスタハラダで、夫が見つけた京都限定『ディグレス・マッチャ』。

黒豆入りの抹茶生地に抹茶チョコレートソースが濃厚です。

使用されているのは、全て石臼で挽いた京都宇治抹茶。

1つで十分満足できる甘さですが、くどさはなく上品な味わいでした。

 

f:id:beautifuleveryday:20200915203555j:plain

4枚入り 324円

 

辛党の私用に夏季限定イタリアンラスク『グーテ・デ・ロワ・ソムリエ・イタリアン』。

ダイエット中なので4枚入りのを購入しました。

前に一度食べてハマったトマト&チーズ味のラスクで、やっぱり美味しかった❤︎

 

何枚でも食べたい!夏限定ハラダ・オードブルラスク「グーテ・デ・ロワ ソムリエ イタリアン」 - HAIMAME TALK

 

 

つぶやき

f:id:beautifuleveryday:20200915203418j:plain

 

今回の京都さんぽでは、初めての場所を訪れることができました。

京都をぶらぶら歩いていて素敵なのは、お寺や老舗がいたるところにあることです。

途中で坂本龍馬で有名な池田屋事件の跡地を見つけたり、ミステリードラマでよく出る三条大橋を渡ったりも楽しくておつに感じました。

ところで寺田屋事件・池田屋事件・近江屋事件がごっちゃごちゃなので、観光しながら少しずつ復習しようと思っています。

ではまた。 

 

 

 

 

 

 

夫が買ってきた北欧・ヨーロッパのお土産13選

 

こんにちは、ハイマメです☺︎

いくら気をつけながらのGO TOとは言え、さすがに海外旅行へは行けなそうな夏。

気分だけでも味わおうと、2019年に夫と義父が行った北欧・ヨーロッパ旅行をふりかえりました。

わたしは留守番でしたが、夫からのフォトメールを見たり影響されて観たヨーロッパ映画で楽しめました。

そんな北欧・ヨーロッパのお土産13選です。

夫からのフォトメールで現地を感じる北欧・ヨーロッパ - HAIMAME TALK

 

 

Helsinki 

f:id:beautifuleveryday:20200805220115j:plain

 

北欧・ヨーロッパ旅行は関空(関西国際空港)からフィンエアーを利用し、フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター空港に到着です。
空港のムーミンストアは、日本女性率が高めで居心地が悪かったらしく夫から「お土産はなにがいい?」と電話がありました。

やっぱり本家本元フィンランドのムーミンかと思うと、ちょっと覗きますよね。

そんなフィンランドのお土産は2つでした。

 

ムーミンコーヒー&ペーパーナプキン

f:id:beautifuleveryday:20200805214604j:plain

 

フィンランドで採れた天然ビルベリーのパウダーを使ったブルーベリーコーヒー(中細挽き粉)は、やや酸味のあるフルーティなテイスト。

夏に良さそうです。

ミルクを加えるのがオススメだそうで、酸味が少しまろやかになりました。

コーヒーは1987年創業のロバーツコーヒーのもので、コーヒー消費量世界一と言われるフィンランドの草分け的存在なのです。

お任せしたペーパーナプキンはムーミンではなく、”スナフキン”と”スノークのおじょうさん”という2種類のチョイスでした。

ちょいちょい使って、残りあとわずかです。

 

Rome

f:id:beautifuleveryday:20200805220013j:plain

 

イタリアはローマにて、サンタンジェロ城です。

ローマ帝国の五賢帝の一人ハドリアヌスが建設し、139年に完成しました。

およそ2000年前の建物が見学できるなんて貴重ですね。

グルメは「ピザとカルボナーラがめちゃめちゃ美味しい」と想像通りの感想でしたが、うらやましい。

屋根つきテラスでピザを食べていたら、突然のにわか雨で雨宿りの観光客にジロジロ見られながら食べたのだそう。

そのほか、義父がイタリアの薬局で薬を買うというハプニング(?)もあったとか。

そんなローマ土産は3つです。

マカロニパスタ

f:id:beautifuleveryday:20200805214612j:plain

 

イタリア国旗カラーがポップで可愛いマカロニパスタは、茹でたら色がかなり薄くなりました。

茹で時間を長めにしましたが、ところどころムラが出てしまい食感はいまいち。

でもイタリアを感じながらマカロニサラダを堪能できましたよ。

 

チョコレート

f:id:beautifuleveryday:20200805214649j:plain

  

このチョコレートはわたしにはインパクトを感じませんでしたが、美味しいは美味しい。

  

Venchiチョコレート

f:id:beautifuleveryday:20200805214637j:plain

 

反対に、初めて食べたVenchi(ヴェンキ)チョコは美味しかった〜♡

甘ったるくなくビターでもない、後味がとても良いチョコレート。

種類もいろいろなので選ぶ楽しさもあってGOOD。

こんなに美味しいチョコレートがあるんですね。

140年の歴史があるヴェンキの人気はイタリアだけにとどまらず、今や世界70カ国以上に展開されているのです。

日本にも2019年冬に東京に初店舗がオープンしました。

ヴェンキ | Venchi【公式】イタリア発のチョコレート・ジェラート専門店

 

ハードチーズ

f:id:beautifuleveryday:20200805214615j:plain

 

そのまま食べてもスライスしてパンに乗せても美味しかった。

はじめてトスカーノの羊生乳チーズを食べました。

ヤギほどではないですが、ほんのりクセがあり塩分少なめでなめらかな食感。

ワインのお供にもぴったりでした。

それにしてもイタリアのチーズってなんでこんなに美味しいんでしょう。

次は本場イタリアでパルミジャーノ・レッジャーノを食べたいです。

 

Vatican City

f:id:beautifuleveryday:20200805215041j:plain

 

ローマ市内にあるのでバチカン市国も観光。

バチカン市国は、ローマ教皇が統治しているカトリック教会の総本山です。

前に観た映画『バチカンで逢いましょう』でも、高齢のマルガレーテがたった一人でバチカンへ行くシーンが印象的でした。

世界最小ですが、なんと!国土全体が世界遺産に認定されているんですよ。

クリスチャンではないですが、さらに神聖な雰囲気を感じます。

お土産は1つでした。

 

ブックマーク

f:id:beautifuleveryday:20200809113841j:plain

 

世界遺産ということもあって、なにか記念に購入したかったんでしょうね。

バチカンにあるサンピエトロ大聖堂のブックマークです。

夫は最近よく本を読んでいるようなので、ちょうど活用できそう。

 

Paris 

f:id:beautifuleveryday:20200805215033j:plain

 

パリでは、スリ集団に危うく盗まれそうになるハプニングがあったようです。

でもその前に、もっとすごい事件がありました。

ドイツからパリへ移動中の列車で、義父がリュックを盗まれたのです。

いつもはしないのに、なぜかリュックを吊り棚に乗せて居眠りしてしまったのです。

財布もパスポートもリュックの中。

あちこち探したり車掌さんに話したりしていたら・・・なんと奇跡的に見つかったという!

見つかった場所はトイレで、リュックごと発見。

なくなったのは紙幣だけで財布・カード・パスポートなどは無事でした。

バッグは肌身離さず持っていないとですね。

気が引き締まる出来事でした。

そんなパリのお土産は1つです。

 

マカロン

f:id:beautifuleveryday:20200805214621j:plain

 

マカロン好きです。小ぶりで可愛いところも、軽い食感もいい。

マカロンは地域によって色々種類があるようです。

日本でポピュラーなのはマカロン・パリジャン。

見た目は簡単そうですが、マカロンは美味しく作るのがむずかしいスイーツ。

自分で作れたら自慢できそうですね。

こちらは予想以上に甘かったけど、小ぶりなのでブラックコーヒーのお供にちょうど良い感じでした。

箱のつぶれ具合が、ハプニングでくたくたになったのを物語っているような・・・。

  

Dusseldor 

f:id:beautifuleveryday:20200805215037j:plain

 

ドイツ・デュッセルドルフは以前わたしも旅行しました。

散歩で現地を感じられるドイツ・デュッセルドルフ(1・2日目) - HAIMAME TALK

 

毎朝ライン川沿いを散歩して、なんとも言えない感動を味わいました。

羊の群れもいたんですよ。

デュッセルドルフは日本人も多く住んでいる市なので、日本人をたまに見かけたり日本食もたくさんありました。

そんなデュッセルドルフのお土産は5つ。

 

コーヒー(豆)

f:id:beautifuleveryday:20200805214632j:plain

 

このコーヒーは、ドイツ在住のいとこの一押しだったそう。

確かに濃くて苦めで美味しかった。

ドイツで飲んだコーヒーは、ベーカリーでさえどこも美味しかった思い出があります。

アメリカで言うシアトル系コーヒーのようなイメージでしょうか。  

 

ハイネマン・シャンパントリュフ

f:id:beautifuleveryday:20200805214609j:plain

 

これこれこれー!

ハイネマンのシャンパントリュフは、前回のドイツ旅行ではじめて食べてハマりました。

デュッセルドルフにあるお店ですが、ドイツ以外でも大人気なのです。

ハイネマンではシャンパントリュフと並んで、バームクーヘンも大人気。

残念ながらバームクーヘンはまだ食べたことがないので、次回こそはと思っています。

 

Ritter SPORTチョコレート

f:id:beautifuleveryday:20200805214642j:plain

 

Ritter SPORTのチョコは、いとこのお父さんオススメだそう。

ラムレーズンナッツチョコレートです。

ラムレーズンだけでも最高なのに、ナッツも入っているなんて。

チョコレート自体も甘さが控えめで、ラムレーズンの濃厚さとナッツの香ばしさがマッチしてかなり美味。

 

merciチョコレート

f:id:beautifuleveryday:20200805214628j:plain

 

STORCKのメルシーチョコは、ドイツのスーパーで手頃に買えるのに抜群に美味しいチョコレートです。

甘すぎず苦すぎず上品な美味しさ。 

ダーク・ミルク・ヘーゼルナッツなど色々な種類の味のチョコが入っているので、持ち寄り用にしたみたい。

会社で余ったのでいくつか持って帰ってきてくれました。

 

Gilden Kolschビアグラス

f:id:beautifuleveryday:20200805214646j:plain

 

ケルシュという種類のビールを飲みに行ったらケルシュグラスが気に入り、販売しているものを購入したのだそう。

ケルシュは、軽めでフルーティで飲みやすいさっぱりしたテイストだったそう。

そしてケルシュビールでは決められたグラスに入れるのがルール。

それがこの細長くて小ぶり(200ml)のグラスなのです。

ところがこのグラス、ビジュアルはおしゃれで良いんですが薄くて割れそうで・・・洗いにくかった(´・ω・`)

でも雰囲気があるので、ムービーナイトでワインを飲むのに使用しています。

 

 つぶやき

f:id:beautifuleveryday:20200805214048j:plain

 

お土産や持ち寄りには、その人のセンスや嗜好が反映されますよね。

それを知るのも楽しいです。

夫は甘党なのでお土産はスイーツが多めで、わたしは辛党なのでしょっぱい系が多め。

でも今回は本場のチーズを買ってきてくれたあたり、少しはわたしの嗜好もインプットされてきたのかもしれません。

お土産をリサーチしながらふりかえったら、知らなかったことも発見できました。

ではまた。

 

 

 

 

 

 

自粛解除中のはんなり日帰り京都観光のつづき

 

こんにちは、ハイマメです☺︎

またしばらく旅行や観光は自粛ムードです。

つかの間だけど早めに観光しておいてよかったのかも。

ちなみに「こんな時にけしからん!家でポテサラ作れ!」と攻撃されないよう、タイトルに”自粛解除中”と入れてみました。

というわけで、6月に行った日帰り京都観光レポートのつづきです。

コロナ自粛解除のつかの間のはんなり日帰り京都観光 - HAIMAME TALK

  

 

金閣寺(鹿苑寺)

f:id:beautifuleveryday:20200729222946j:plain
f:id:beautifuleveryday:20200729222950j:plain

 

アニメ”一休さん”で有名な金閣寺の正式名称は鹿苑寺。

初めて本物を見ることができ、それだけで感動しました。

ちょうど晴れていたので陽の光に照らされ、ますます金ピカ。

これはもう富の象徴を感じずにはいられない。

「金運まで上がりそう」と勝手に納得したりして。

でも静寂な山と美しい鏡湖池のおかげか、佇まいは上品に感じました。

シンプルな造りだからかもしれません。

そんな建築様式も見所。

 

一層は寝殿造で二層は武家造、三層は中国風の禅宗仏殿造と三つの様式がみごとに調和された室町時代の代表的な建物です。

二層と三層は漆の上から純金の箔が貼ってあり、さわらの薄い板を何枚も重ねたこけら茸で屋根の上には鳳凰が輝いています。

 

もとは鎌倉時代の公卿の別荘を気に入った足利義満が譲り受け、極楽を思わせる庭園や金の舎利殿を建築しました。

これをきっかけに、名前しか知らない三島由紀夫の小説『金閣寺』を読みたくなりました。

  

うどんの名店『山元麺蔵』

f:id:beautifuleveryday:20200729222954j:plain

 

前に山元麺蔵に行ったのは2014年12月なので、5年半ぶり2度目の訪問です。

相変わらず人気でしたが、なんとか電話予約できました。 

コロナ対策で3密を避けるため予約制になっていて、並ばないよう「時間ちょうどくらいに来てください」とのことでした。

店のすぐ前に地下駐車場があり便利です。

 

この日は”牛のホルモンのつけ麺”(あたたかいうどん)を注文。

九州で食べるホルモンのような柔らかい味わいで気に入りました。

麺がだいぶ長いので、お箸の上にあるハサミでうどんを切って頂きます。

麺はコシが強めで、食べ応えもあり満腹になります。

ラーメンのつけ麺みたいに割りスープをもらって、スープは最後まで頂きました。

うーん、やっぱり山元麺蔵のうどんは間違いなく『うどんランキング5位』に入る美味しさです。

また行こう。 

ちなみにテイクアウトもしているようです。

 

山元麺蔵 —yamamotomenzou—

 

丸善京都本店

f:id:beautifuleveryday:20200730225303j:plain
f:id:beautifuleveryday:20200730225306j:plain

 

丸善京都本店は京都BALの地下1・2階にあります。

京都一大きい本屋ということで行くのが楽しみでした。

作家・梶井基次郎の『檸檬』の舞台となった丸善京都支店(三条通麩屋町)は1907年に開設されましたが閉鎖され、河原町へ場所を移して再び開店しました。

 

地下1階には文学・雑誌・文具などが並び、地下2階には専門書や洋書など幅広い品ぞろえでした。

これなら1日中でもいられそう。

つい楽しくて、夫もわたしも何冊も購入してしまいました。

カフェも併設されていて美味しそうなカレーの匂いがしました。 

  

丸善(MARUZEN) | 京都BAL(バル)

 

伊藤久右衛門

f:id:beautifuleveryday:20200729224029j:plain


お土産に伊藤久右衛門で抹茶だいふくと果実酒を買いました。

抹茶あんと生クリームのコラボということで期待大でしたが、抹茶あんの方が強く出ていて和菓子という印象です。

上品で美味しかったんですが、生クリームが好きでもう少し洋菓子っぽいのを期待していたのでやや残念。

 

ところで、こちらのお店とても人気があるようで大盛況でした。

食事処と販売コーナーとありどちらも超満員。

帰りには駐車場の渋滞も起きていたので、ランチ時間を避けるなど時間帯の工夫が必要そうです。

 

f:id:beautifuleveryday:20200729224034j:plain
f:id:beautifuleveryday:20200729224036j:plain

 

もう1つのお土産は果実酒で、こちらも茶入り。

パッケージには茶葉でしょうか、シンプルに可愛らしく描かれています。

ボトルはきれいなグリーン。

お茶らしきものが沈殿しているのもコントラストが美しい。

お味はほどよい甘味があって飲みやすく、アルコールが苦手な人にも飲めそうなほどさっぱりテイストです。

なので、アルコール好きには少し物足りないかもしれません。

 

アクセス

 

つぶやき 

日帰り京都観光ではまだ行ったことがない行きたい場所ばかりをチョイスしたので、最短コースではない一貫性のないルートでした。

次はどこへ行こうかな。

外出自粛の間は次の候補地のリサーチをして楽しもうと思います。

ではまた。

 

 

 

 

 

近江牛を守れ!滋賀県にある明治創業『だいきち』焼肉とスイーツ『ル・メルシエ』レポ

 

こんにちは、ハイマメです☺︎

近江牛の存続が危ういと聞き「近江牛を守れ!」とばかりに、義両親おすすめの『だいきち』へ焼肉を食べに行きました。

3時のおやつには、近くにあるおしゃれなスイーツのお店『ル・メルシエ』です。

どちらもとても美味しかったのでレポートします。

 

  

近江牛『だいきち』で焼肉ランチ

f:id:beautifuleveryday:20200713143940j:plain

 

滋賀県大津市にある近江牛『だいきち』は、創業明治29年の老舗店です。

ちょうど正午ごろ到着したら駐車場は満杯、お店の外のイスに並んでいる人もいました。

入ってすぐのところにある順番表に名前を書き込み、車で待っていたら店員さんが呼びに来てくれるそうなので車で待機。

暑さや3密を避けるためでもあるようです。

店内はテーブル席と座敷席とありました。

残念なことにこの日は座敷席。

脱ぎにくいサンダルと素足だったので・・・ちーん。

やっぱり夏はくつ下を持ち歩かないとですね。

席につく前にわたしにとってはとんだハプニングに遭遇しましたが、気を取り直して焼肉焼肉♪

 

f:id:beautifuleveryday:20200725163556j:plain

 

近江牛特選網焼き三点盛ランチを注文しました。(2,990円)

ちょっと昼から贅沢ですが、たまには良いですよね。

ご飯はおかわり自由だそう。

お肉の部位は、リブ・ショートリブ・とうがらし。

お肉が150gもあってちょうど良い脂身もあるので、満腹になりました。

辛くないワサビや漬物もおいしかった。

 

店員さんから「ショートリブから焼いて食べてください」とアドバイスがあったのでそのようにして食べました。

リブとショートリブは見た目通りやわらかくてジューシーなおいしさ。

とうがらしという部位があるんですね、初めて知りました。

リブとちがい歯応えはありますが、コクがありました。

それにしても、やっぱり近江牛って相当おいしいです。

今まで食べた牛肉で1・2位を争うほどです。

前に1階で購入した近江牛も家で焼いてもやわらかくてジューシーで大満足でした。

1階ではお肉のほかコロッケやメンチカツ・お弁当なども販売されていて、そちらも大人気なのだそう。

 

アクセス

駐車場はお店の前にあり、後ろにも第2駐車場がありました。

隣にある砂利の駐車場はお客さん用ではないみたい。(まちがえて停めた)

 

スイーツはおしゃれなお店『ル・メルシエ』

f:id:beautifuleveryday:20200713143948j:plain

 

スイーツはおしゃれなお店『ル・メルシエ』です。

ル・メルシエとはフランス語で感謝という意味だそうで、謙虚な印象のシェフの人柄を表しているようでした。

琵琶湖畔にある住宅街の中にあります。

スタイリッシュモダンな建物で、テラス席もありました。

店内にはランチができるレストランスペースもあり、義母いはくランチもおいしいそうです。

 

f:id:beautifuleveryday:20200713143951j:plain

 

購入したのはクレープです。

実はこちらのル・メルシエは元々はクレープ屋さんで、とても美味しくて評判だったそう。

ラッピングには世界の様々な言語で「ありがとう」という文字が!

ここにもシェフの思いが込められているのを感じますね。

ちなみにKIITOSはフィンランド語で「ありがとう」です。

・・・と去年フィンランド旅行に行った夫が自慢げに教えてくれました(´・ω・`)

 

クレープにはフルーツがぎっしり入っていて重さがあります。

味はもちろん美味し〜。

ボリューミーなので3時のおやつに大満足でした。

天気がよければテラス席に座るのも気持ち良さそうです。

 

アクセス

駐車場のスペースが広いので安心です。

琵琶湖のすぐ近くなので散歩するのも良さそう。

 

 

美味しいものに舌鼓を打ちました。

ではまた! 

 

コロナ自粛解除のつかの間に、はんなり日帰り京都観光

 

こんにちは、ハイマメです☺︎

外出自粛が解除され、いそいそと近場の京都を観光をしました。

コロナとの付き合いはまだ少し続きそうなので、こうなったらつかの間でも楽しまないとです。

ただしコロナ対策はしっかりやらなくてはですが。

 

 

つかの間の日帰り京都観光

渡月橋

f:id:beautifuleveryday:20200721131242j:plain

 

普段は人が多くて渡るのも一苦労だという渡月橋(とげつきょう)。

まだ行ったことがありませんでした。

外出自粛解除すぐはご覧の通りガラガラ。

人もまばらに見かけましたが、すれ違う際のソーシャルディスタンスもばっちり取れていました。

 

渡月橋は桂川にかかる長さ155m幅11mの木製の橋で、京都嵐山のシンボルとなっています。

平安時代に亀山上皇が、月が橋を渡るように動いていくのをみて「くまなき月の渡るに似る」と言ったことがその名の由来だそう。

風流ですね。

次は月が渡月橋を渡るのを眺めてみたいと思いました。

でもどこから見ればいいのかしら?

 

f:id:beautifuleveryday:20200721131248j:plain

 

渡月橋を渡ると嵐山の商店街が見えてきます。

あいにく閉まっているお店も多かったですが、かわいらしいパン屋”みっふぃーきっちん”を見つけました。

パンだけでなくここでしか手に入らない清水焼コラボグッズなど、1,100点ものミッフィーグッズもあるので和風ミッフィーも楽しめますよ。

ミッフィーの形をしたデニッシュ・菓子パン・惣菜パンなどあり、もちろんお店で焼きたてのパンです。

ペットのちまき(ウサギ)にも見せてあげたい。

グッズよりパンの方が興味津々でした。

 

周恩来総理の記念詩碑

川沿いを歩き、嵐山公園にある周恩来総理碑を見て移動。

ここには日中友好に尽力した周恩来総理が学生のころ日本に留学し、帰国する前に立ち寄った時に詠んだとされる詩碑があります。

漢文で記されていて書き下しが分からなかったので・・・調べてみました。(日本国際貿易促進協会京都総局)

 

 

雨中嵐山

 

雨の中を二度嵐山に遊ぶ

両眼の青き松に

いく株かの桜まじる

道の尽きるやひときわ高き山見ゆ

流れ出る泉は緑に映え

石をめぐりて人を照らす

雨濛々として霧深く

陽の光雲間より射して

いよいよなまめかし

世のもろもろの真理は

求めるほどに模糊とするも

模糊の中にたまさかに一点の光明を見出せば

真(まこと)にいよいよなまめかし

 

訳 蔡子民先生

 

 

嵐山の景色に、人生を重ね合わせて詠んだのでしょうか。

周総理は、一点の光にはるかなる希望を見出していたように思えました。

  

竹林の小径

f:id:beautifuleveryday:20200721131245j:plain

 

次も嵐山のシンボルとされる見事な”竹林の小径”です。

こちらでは観光客がやや増え、外国人グループが熱心に写真を撮っていました。

とは言ってもなんとなくの順番待ちをしたら写真もばっちり撮れたので、いつもよりは人も少ないはずです。

この場所は平安時代、貴族の別荘だったそうで400mも続く竹林とはなんとも贅沢。

遠い未来、まさか自分ちの庭が観光スポットになるなんて思ってもいなかったでしょうね。

そう考えるとおもしろいもんですね。

12月にはライトアップされるというので夜の竹林も一層素敵に見えそう。

 

アクセスなど

駐車場はキョウテク嵐山第二パーキングに停めて、てくてく歩いたらちょうどよい距離でした。

近くには他にもコインパーキングがありました。

京都は道が狭いところも多いので小型車が適してそう。

電車なら京都駅から山陰本線で嵐山駅まで約20分ほどです。

 

 

 つぶやき

京都・奈良・滋賀には歴史を感じられる場所がたくさんあって、行きたい候補地が目白押しです。

その割にわたしは地理や歴史の知識が乏しいので、観光を機にじっくり知ることができることも狙いです。

旅行好きの夫は海外旅行を楽しみにしていたけれど、それにはまだ少しかかりそう。

でも近場にも素敵な場所がたくさんあるので、コロナ対策をしつつ近場も存分に楽しもうと思っています。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喜ばれた宮崎土産2つと宮崎ブーゲンビリア空港

 

こんにちは、ハイマメです☺︎

急な用事で出かけた宮崎で買って、「すごく美味しくてお取り寄せしたくなった」と喜ばれた宮崎土産2つと宮崎ブーゲンビリア空港をご紹介します。

 

 

よろこばれた宮崎土産2つ

宮崎日向夏ピール

f:id:beautifuleveryday:20200712180114j:plain

3袋入り700円ほど

 

近年では宮崎名産といえばマンゴーが有名ですが、日向夏みかんのおいしさも全国の人にぜひ知ってもらいたいです!

日向夏みかんは、白いところが残るよう薄く外側の皮をむいてザクザクとザク切りにし砂糖などを少しかけて食べると相当おいしいんですよ!(砂糖はなくてもおいしい)

日向夏みかんをオレンジのように皮をむいて中身だけを食べると「なにこれ、すっぱ!」と思ってしまうかもしれないので要注意です。

白い薄皮部分も食べてくださいね〜。

 

お土産1つ目は、そんな愛しの”日向夏のピール”です。

小ぶりでリーズナブルなので、バラマキおみやとしても手頃です。

甘さの中にしっかりフルーツの酸味やほんのり苦味もあるので、はっきり言って相当おいしいです。

 

お土産にあげた義母は「お取り寄せしたいくらい美味しかった」と言っていました。

友達も「そのまま食べても、紅茶に入れても美味しかった」と言っていましたよ。

わたしはそのまま食べたりワインに一つ入れて飲んだりしたら、ワインは甘みが少し増しました。

他にもパンやケーキなどお菓子作りにも使えるようです。

 

鶏炭火焼

f:id:beautifuleveryday:20200712180117j:plain

300g約900円


九州産赤鶏を炭火でじっくり焼いた宮崎名物の炭火焼鶏。

黒さがおいしさを物語っています。

真空パック入りなので賞味期限が1年もあり、ストック品としてもGOODですね。

義父はおつまみで、義母はご飯のおかずにもなり堪能したそうです。

他に柚子胡椒味の炭火焼鶏もあって、わたしはどちらも美味しかったです。

 

ちなみにJALマイラーなので、空港ではブルースカイショップで購入しています。

ブルースカイなのに袋は赤いんですよ(^ ^)

 

宮崎ブーゲンビリア空港

f:id:beautifuleveryday:20200712182130j:plain

 

宮崎って人も空気もあたたかくて最高なんですよね。

警察が多いので交通違反には気をつけないとですが、車ものんびりなので走りやすい。

宮崎ブーゲンビリア空港も見所がたくさんありました。

 

f:id:beautifuleveryday:20200712183800j:plain

 

ちょっとした部分にも宮崎らしさが出ていて楽しめます。

 

f:id:beautifuleveryday:20200712183808j:plain

 

市中心部までのアクセスは、空港直結の電車が通っていて便利です。

急行だと最短10分で、車でも20分弱なのです。

そんなふうに空港が街から近いので、着陸・離陸時に飛行機から見る景色にも迫力がありますよ。

 

f:id:beautifuleveryday:20200712183804j:plain

 

待ち時間があったので、空港内のアートギャラリーやお土産店などをじっくり見てまわれたりして、今回は少し空港も満喫できました。

空港グランドスタッフのパートをしていたので、今回は空港の様子も興味深い視点で見られました。

 

ではまた。

 

朝イチか最終便の飛行機なら大阪空港ホテルが楽ちん

f:id:beautifuleveryday:20200703175447j:plain


こんにちは、ハイマメです☺︎ 

急な用事で朝イチの飛行機に乗ることになり、大阪空港ホテルを利用しました。

初めてでしたが、かなり便利で楽だったのでご紹介します。

 

 

大阪空港ホテル

f:id:beautifuleveryday:20200703175537j:plain

 

大阪空港ホテルは、大阪国際空港(伊丹)内の3階にありました。

空港直結なのでターミナルまでも楽に行き来できますね。

JALとANAの真ん中にあるので、どちらの航空会社にも同じ距離というのも良い立地。

 

HPによると、到着口からは徒歩約3分だそう。

ところで、大阪国際空港(伊丹)は現在は国内線しかないのに名前は変えないんでしょうかね。関空と勘違いしやすくて紛らわしいです。

 

f:id:beautifuleveryday:20200703195029j:plain

 

入り口が少しシンプル過ぎて分かりづらいですが、よーく見ると自動ドアのところにうっすらホテル名が書いてあります。

自動ドアの向こう側にフロントがあります。

 

客室

f:id:beautifuleveryday:20200703195221j:plain

 

宿泊したのはセミダブルの部屋で料金は1泊8,000円弱。

客室はコンパクトですが、ダーク系でシンプルにまとまっています。

照明は割と明るめにもできたので作業をするのにも十分使えそうです。

こんな時期なので宿泊客も少なかったのか、客室はとても静かでした。

 

f:id:beautifuleveryday:20200703195700j:plain

 

洗面所はユニットバスですが、使いやすくて好きなタイプの洗面台でした。

何より水まわりがキレイなのがとても嬉しい。

シャワーヘッドも大きめで使いやすいタイプでした。

アメニティは最低限という感じ。

 

利用した感想

  • アクセスが楽
  • 安心できる
  • 客室がキレイ
  • レストランは22時頃まで開いている
  • 1階にはコンビニ(ローソン)あり

 

なんたって空港内にあるホテルなので、飛行機のチェックインカウンターまでのアクセスが楽なんてもんじゃないです。

スムーズに行けばターミナルまで、ものの数分!

大阪空港ホテルは3階にあるので、エレベーターで1階までおりれば良いだけです。

 

交通機関や車とちがい、遅延や渋滞で出発時間を気にしなくても良いので安心感があります。

移動も含めて、なんと言っても面倒くさくないのがGOODですね。

 

それにリニューアルされていて客室がキレイなのも嬉しいポイント。

空港内のレストランも22時頃までと遅くまで開いていたり、1階にはローソンもあるので便利です。

朝イチ便か最終便に乗る機会があれば、またぜひ利用したいなと思ったホテルでした。

 

7月31日まで、関西2府4県に在住の人限定で2,500円キャッシュバックキャンペーンをしています。(詳しくは公式HPへ)

https://www.osaka-airterminal-hotel.com

 

伊丹空港はリニューアルオープンして空港も楽しくなりそうだし、空港散歩がてら宿泊というのも楽しそうです♪

 

ではまた。 

 

 

 

 

 

JAL名物の47都道府県スタンプ!電子スタンプが楽しい♪

 

引越しの移動でJALに乗ったら、JAL名物の都道府県ステッカーが電子スタンプになっていました。

コレクション好きの夫がおもむろに始め、横で見ていた私も気になったので始めました。

 

JAL名物の47都道府県スタンプ

f:id:beautifuleveryday:20200404154444j:plain

 

以前はJALに乗った際にCAさんから、それぞれ出身の都道府県ステッカーをもらって集めるというものだったのが、ついにアプリをインストールして電子スタンプを集めるのに変わっていました。

 

集めることで飛行機に乗る楽しみも増えますね。

それも作戦なんでしょうがライフラインとしてだけでなく、便利な上楽しいというのは素敵です。

また、コンプリートしたら各ステージごとに記念品もいただけるみたいです。

 

初めてのスタンプは滋賀県でした

f:id:beautifuleveryday:20200404154418j:plain

 

私がゲットした初めてのスタンプは滋賀県でした。

全国マップで見ると滋賀県はほぼ真ん中にあるんですね。

日本のほぼ真ん中からスタートだなんて、なんか幸先が良い感じ。

 

スタンプをもらうとき滋賀県出身のCAさんから、「琵琶湖大花火大会が素敵なのでぜひ♪」というプチ情報も教えてもらいました。

こういうちょっとした県アピールがあると、コミュニケーションとしても良いですよね。

 

f:id:beautifuleveryday:20200404160358j:plain

 

県のスタンプをタップすると、CAさんからのおすすめポイントの他に県情報も掲載されているので次の旅行先のヒントになって便利ですね。

 

そんなわけで、久しぶりに飛行機に乗ったら次のフライトが楽しみになるようなキャンペーンを見つけました♪

「JAL FLIGHT FUN !」アプリ(スマートフォンアプリ一覧) - JAL

 

 

Thank you so much!!

 

 

 

アメリカでは新車を買ってもそのまま乗って帰れる!

f:id:beautifuleveryday:20200113140929j:plain

 

こんにちはハイマメです☺︎

久しぶりにアメリカ生活の思い出です。

 

アメリカ滞在中、車を2台買いました。

三菱アウトランダースポーツとアクアです。

アメリカではアクアはプリウスCという名前でした。

アクアは運転下手な私が乗る予定でしたが、燃費を考えて夫が通勤で乗りなぜか私が普段SUVに乗っていました。

 

アメリカでは新車を買ってもそのまま乗って帰れる!

  

日本だと普通、車を購入してもなんだかんだ色々な段階を経て納車になります。

でもアメリカで新車を購入したら、そのまま乗って帰ることができました。

こんなの初めてで不思議な感じ。

 

夫が会社から借りた車がミッションで私は運転できず、まだアメリカでは免許も取っていないのに(国際免許証で)なんと初めての運転が買ったばかりの車という結果に。

帰りの運転ではかなり焦りました。

 

それにしてもこんなシステムだと、すごく高い買い物なのにイージーな感覚ですよね。

一括で購入しても、ローンで購入しても同じでした。

ちなみに後で説明しますが、うちの場合は支払いで大変な出来事がありました。

 

ナンバープレートは、後日郵送されるまで仮のものが付いています。

ナンバープレートはずーっと使いまわせると聞き、未だに2台分のナンバープレートを保管しています。

  

1台目の車購入時大変だった出来事

 

1台目の車購入時は一括払いしたので、支払いで大変な出来事がありました。(夫が)

アメリカの銀行カードを申し込んですぐだったのでまだ手元になく、支払いはキャッシュです。

 

大金を持ち歩くのは不安だということで、現金はほとんどトラベラーズチェックにしていました。

なので、トラベラーズチェックにサインをしなくてはいけません。

夫はひたすら約100枚以上にサインをしていて大変そうでした。

手伝ってあげたくても自筆のサインなのでそれもできず、横で応援しながらコーヒーを飲んでいました^^;

  

自動車税証明書はかわいいステッカー

 

どの車も必ず、自動車税を払った時もらうステッカーを貼らなければいけません。

貼っていないと、警察に捕まって罰金を取られるので要注意です。

このステッカー、地方自治体でデザインが違っているのも面白い。

おまけに毎年違っていて、どれもオシャレでした。

 

郵送だと割増しなので、毎年市役所へ支払いに行きました。

車種によって多少違いがあり、私は1台50ドルくらい。

ガソリンもそうですが、日本と比べるとだいぶ安いです。

 

通常はその年のステッカーを1枚フロントガラスに貼ればいいんですが、はがすのが面倒なのかコレクションなのか、大抵みんなダダダダダっと何枚も貼っているのを見かけました。

フロント見える?というくらい貼っている強烈な車も見かけました。

  

そういえば嘘か本当かは不明ですが、アメリカでは赤い車は自動車保険が高いと聞きました。

事故を起こしやすいんだとか。

赤い車に乗っていた友人がそう言って、次の車は黒にしていました。

 

アメリカでは、州によってドライバーズルールも違うのも要注意です。

バイクでヘルメットをかぶらなくてもOKの州もあるそうで、びっくり。

車検がないのも特徴で、明らかにボロボロになっている車も見られます。

そのせいか、車道に破損したタイヤが落ちていたり、途中トラブルで立ち往生している車も見られました。

車のメンテナンスも自己責任なんですね。

 

そんなこんな日本とのおもしろい違いでした。

Thank you so much!!

 

 

 

 

 

 

グランドスタッフのパートで学んだ航空業界の雑学

f:id:beautifuleveryday:20191107091113j:plain

 

こんにちは、空港グランドスタッフのパートをしているハイマメです☺︎

全くの初心者で飛び込んだエアライン系。

「憧れ」と「空港」というキーワードで応募しました。

 

きちんと研修をしてくれるので、初心者でもなんとか頑張れます。

そのパートで、ちょっと面白くてためになることを学びました。

 

 

航空業界アルファベット

f:id:beautifuleveryday:20191107091050j:plain

 

航空業界では、アルファベット全てに名前が付けられています。

Aをそのまま「エー」とは呼びません。

これは無線などでのやり取りで、間違いを防ぐため。

 

アメリカ滞在中、電話でもこういうやりとりがあったので、自分の名前だけはアルファベットで説明できるようにしていました。

でもそれは、オフィシャルなものではなく自分で言いやすい「アップル」などの単語でした。

 

航空業界では決められている単語があるので、まずはじめにそれを覚えることが必須でした。

パートの研修期間は短かったので、1〜3日間で暗記を。

それはそれは呪文のように、いつでもどこでも唱えて覚えました。

でも覚えたはずなのに、時々忘れてアンチョコを見て確認しています。

記憶力の低下を感じる日々です。

でも実際に使う単語は、結構決まったものが多いんですけどね。

 

航空業界アルファベット

 

A   Alfa(アルファ)

B  Bravo(ブラボー)

C  Charlie(チャーリー)

D  Delta(デルタ)

E  Echo(エコー)

F  Foxtrot(フォックストロット)

G  Golf (ゴルフ)

H  Hotel(ホテル)

I  India(インディア)

J  Juliet(ジュリエット)

K  Kilo(キロ)

L  Lima(リマ)

M  Mike(マイク)

N  November(ノベンバー)

O  Oscar(オスカー)

P  Papa(パパ)

Q  Quebec(ケベック)

R  Romeo(ロメオ)

S  Sierra(シエラ)

T  Tango(タンゴ)

U  Uniform(ユニフォーム)

V  Victor(ビクター)

W  Whiskey(ウイスキー)

X  X-ray(エックスレイ)

Y  Yankee(ヤンキー)

Z  Zulu(ズールー)

 

使い方は例えば、

「2のブラボー、ミート」というのは

「座席2Bのお客様を見つけた」という意味になります。

 

また、お客様の名前なども

「山田太郎さま」なら

「ヤンキーからヤマダタロウさま」と伝えて聞き間違えを防ぎます。

 

これ渡米する前に知ってたらよかったわ!と思いました。

ちなみに旅行業界で決まっているのは違うアルファベットのようで、面白いですよね。

 

 

空港コード(3レター)

f:id:beautifuleveryday:20191107091123j:plain

  

旅行が好きな割には、空港コードには疎かった私です。

空港コードというのは、各空港に名付けられている3文字のアルファベットで、3レターと呼ばれています。

 

羽田空港ならHND、成田空港はNRT、関西空港はKIXで、ちなみに前に滞在していたシカゴオヘア空港はORDでした。

これらは国際航空運行協会(IATA)で決められます。

 

空港の掲示板でも3レターで表示されたり、受託荷物のタグにも印字されているので、覚えておくと便利です。

行き交う人の3レターを見て、「札幌から来たんだな」とか観察するのも楽しい。

 

他にも各エアライン名もコードが決まっています。

業界で決まっていることが自分の生活でもちょっとためになると、得した気分になりました♪

 

Thank you so much!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫からのフォトメールで現地を感じる北欧・ヨーロッパ

f:id:beautifuleveryday:20191006163936j:plain

 

こんにちはハイマメです☺︎

夫が1週間ほど、北欧・ヨーロッパへ出かけていました。

今回の旅は留守番ですが、夫からのフォトメールで現地を感じられました。

 

ヘルシンキ(フィンランド)

f:id:beautifuleveryday:20191005160639j:plain

@ヘルシンキ・ヴァンター国際空港ムーミンカフェ

 

もうっもうっ!

北欧は、色づかいや家具のデザインが本当に素敵ですね♡

白夜やオーロラも見たいし、惹かれる国です。

 

デュッセルドルフ(ドイツ)

f:id:beautifuleveryday:20191005160704j:plain

ラインタワー

 

前に登ったことのあるラインタワー、懐かしい。

ちなみに、ライン川には今も羊がいたそうです。(時間帯によって)

 

散歩で現地を感じられるドイツ・デュッセルドルフ(1・2日目) - HAIMAME TALK

 

パリ(フランス)

f:id:beautifuleveryday:20191005160737j:plain

凱旋門

 

人や車と比べると巨大さを感じます。

それにしても、門にしては随分立派すぎですよね。

 

ローマ(イタリア)

f:id:beautifuleveryday:20191005160805j:plain

トレビの泉

 

トレビの泉って、全体はこうなっていたんですね。

知らんかった!

 

バチカン市国

f:id:beautifuleveryday:20191005160859j:plain

サン・ピエトロ大聖堂

 

映画『ダヴィンチコード』シリーズが好きなので、バチカン市国は必ず行ってみたいところ。

カトリックではないけど、神秘的なものを感じます。

 

つぶやき

f:id:beautifuleveryday:20191005162234j:plain

@カルボナーラ発祥のお店

 

日々送られてくる写真に影響され、北欧・ヨーロッパの映画を観ました。

さて・・・。

夫が1週間も不在なのは初めてで、最初は「淋しいけど、自分の時間を楽しめるし♪」と思っていましたが、「いつものくだらないやりとりがないのはつまらないな」と感じました。

 

夫好きのちまき(ウサギ)も、心なしかつまらなそう。

くだらないことの中にも幸せが宿っています。

 

Thank you so much!!

 

 

 

 

 

 

3泊4日ベトナム・ニャチャン旅行(2019年)4日目 inフュージョンリゾートカムラン

f:id:beautifuleveryday:20190924085535j:plain

 

こんにちは、ハイマメです☺︎

最終日を書きかけのまま忘れていました。

なんでも早めに・・・と思っていたのに、ついつい。

3泊4日ベトネム・ニャチャン旅行最終日の4日目です。

 

3泊4日ベトナム・ニャチャン旅行(2019年)3日目はフュージョンリゾート♡ - HAIMAME TALK

 

 

ビーチを朝散歩

f:id:beautifuleveryday:20190924091407j:plain

 

フュージョンリゾートカムランにはプライベートビーチがあります。

早起きして朝食までの時間に、ビーチを散歩。

すでに海やプールで泳いでいる人もいます。

 

f:id:beautifuleveryday:20190924091441j:plain


ちょうど東に面しているので、朝日が昇っていくのが見えるのも素敵です。

カマクラみたいな日よけがかわいい。 

 のんびり〜です。

 

朝食バフェ

f:id:beautifuleveryday:20190924091242j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190924091245j:plain

 

3つあるレストランのうち、屋内レストランでは朝食バフェが楽しめます。

種類が豊富で、フォーもお寿司もありましたよ。 

大好物のチーズももちろん堪能。

 

胃もたれしていたので、朝食はほとんどフルーツにしました。

旅行中ってついつい食べ過ぎるので、自分で調整しないとですね。

 

f:id:beautifuleveryday:20190924091839j:plain

手前の赤いのがランブータン

 

それと、どうしても食べたかったランブータン

『水曜どうでしょう』で有名なセリフ「お尻がランブータン」の影響です。

見た目がすごいですが、味はライチのような感じで美味しかった。

 

f:id:beautifuleveryday:20190924092512j:plain

 

最後にデトックスウォーター。

「あらいいじゃないいいじゃない♡」と思って意気揚々と飲んでみたら・・・めっちゃ苦かった〜!

 

何が入ったらこんなに苦くなるのだ?というほど。

でもこの苦さがきっと効くんでしょう。

ノニ?ニノ?どっち?も相当苦いですもんね。(適当すぎ)

 

プールで泳いでうたた寝

f:id:beautifuleveryday:20190924090441j:plain

 

部屋に戻ったらずっとプールを満喫。

泳ぎ疲れたらプールサイドでうたた寝をしたりを繰り返して、贅沢な時間を過ごせました。

まさにバケーションって感じ。 

 

ランチは最後のバインミー

f:id:beautifuleveryday:20190924090043j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190924090046j:plain

 

ランチは朝バフェのレストランの屋内席で涼みながら。

私は最後のバインミーで、やっぱり美味しい。

 

夫はまさかのパスタ。

普段あまりパスタを食べないからこういう時には食べたくなるのか?

それにしても、ベトナムでパスタはちょっと雰囲気ちがうような。

でも、ちゃっかりベトナムコーヒーは飲んでいました。

 

チェックアウトのあとにスパ

f:id:beautifuleveryday:20190924085801j:plain

 

2回目のスパは、夫が全身トリートメント30分、私はフットマッサージ50分をチョイス。

旅行中、パンパンになった足のむくみをとって帰る作戦です。

痛くないやさしく包み込むようなマッサージが心地よかった。

  

空港にて

f:id:beautifuleveryday:20190924090645j:plain

 

空港までホテルのマイクロバスで送ってもらえました。

ベトナムを去るのが名残惜しい。

 

空港では、時間が少しあったのでお土産を物色。

搭乗ゲート側にはお店がたくさんありました。

最後に入ったカフェでベトナム紙幣を使い切る作戦をしたら少し足りませんでしたが、おまけしてくれました。

カムオン!(ベトナム語で「ありがとう」)

 

つぶやき 

f:id:beautifuleveryday:20190924091024j:plain

 

写真を見ながら旅行をふりかえってみるのは良いものですね。

キラキラ眩しい南国の景色にふたたび癒されました♪

私的旅行の醍醐味は、現実から少し離れて癒されることや、旅先で自分のふだんの姿をふりかえってアイデアが湧いてくるということがあります。

もちろん思い出も増えますね。

次はどこに行けるかな♪

ということで、絶賛おすすめのベトナム・ニャチャンです。

 

Cam on!!

 

 

 

 

 

 

 

 

3泊4日ベトナム・ニャチャン旅行(2019年)3日目はフュージョンリゾート♡

f:id:beautifuleveryday:20190705161422j:plain

Fusion Resort Cam Ranh

 

こんにちは!ハイマメです☺︎

のんびりを満喫!3泊4日ベトナム・ニャチャン旅行(2019年)1日目

のんびりを満喫!3泊4日ベトナム・ニャチャン旅行(2019年)2日目はガイドツアー

とご紹介したベトナム・ニャチャン旅行3日目は、奮発して豪華プール付きコテージのあるフュージョンリゾート・カムランへ移動しました。

ここは絶賛オススメのリゾートホテルでしたよ♡

 

 

朝食バフェ

f:id:beautifuleveryday:20190629145912j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190629145920j:plain

 

朝食は前日と同じくホテルのバーラウンジへ。

気分を変えてカウンター席にてバフェを。

この日は、屋外スペースにある屋台で出来立てフォーとオムレツをオーダーしていただきました。

 

スープはしっかりコクがありますが、ライスヌードルがさっぱりテイストなので胃腸にやさしそう。

そしてオレンジジュース。

旅行先の朝食ではなぜかいつも、果汁100%ジュースを必ず飲みます。

 

お土産ショッピング

f:id:beautifuleveryday:20190629150559j:plain

 

朝食の後は、お土産ショッピングに出かけました。

ホテルから、徒歩数分ほどのところにあるショッピングモールです。

ここの2階にあるスーパーでは、リーズナブルにいろいろ買えます。

 

乾麺のフォー・お菓子・コーヒー・お茶など、気になるお土産を購入しました。

念のためエコバッグを持って行きましたが、こちらではレジ袋に入れてくれました。

 

ちなみに前日に下見した時に発見したんですが、こちらのスーパーでは出入り口にガードマンが立っていて、大きめのバッグだと最初に預けなくてはいけないようです。

小ぶりのポシェットは大丈夫でした。

 

ランチはベトナム名物!美味なバインミー

f:id:beautifuleveryday:20190629151600j:plain

 

ランチは念願のバインミーです。

バインミーというのは、ベトナムではそこら中に屋台もあるサンドウィッチです。

これはアメリカに住んでいた時に勧められて食べそこねていたので、もう何年越し?くらいの食べたさでした。

 

屋台の方がベトナムっぽいかもしれませんが、ホテル横に気になるお店があったのでこちらでtake to go。

 

f:id:beautifuleveryday:20190629152423j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190629152234j:plain


ポーク&レモングラスのバインミーをニャチャンビーチでいただきました。

海を見ながらランチが食べられるなんて、贅沢なロケーションです♪

 

初めて食べるバインミーは、甘辛いタレが美味しくポークも柔らかくてレモングラスに合う合う!

フランスパンが固いのがまた食べ応えがあってgoodです。

なるほど、これはハマる美味しさですね。

 

ハマったベトナムコーヒーで休憩

f:id:beautifuleveryday:20190629152707j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190629152715j:plain

 

一旦チェックアウトして荷物をフロントに預け、移動の時間までベトナムコーヒーで休憩を。

HIGHLANDS COFFEEは、ホテルのすぐ隣にあったので滞在中何度も行きました。

なので、前日にもらったクーポンもちゃっかり利用。

 

ベトナムコーヒーは10分ほどかけて抽出するので、呼び出しベルをもらって待ちます。

もちろん甘いベトナムコーヒーだけでなく、豆はロブスタ種ですが普通のブラックコーヒーも美味しかったです。

  

豪華プール付き♡フュージョンリゾート・カムラン 

f:id:beautifuleveryday:20190705162706j:plain

フュージョンリゾート・カムランのフロント

 

午後からは、夫が奮発したホテル「フュージョンリゾート・カムラン」へ移動です。

タクシーで1時間ほどの予定が、すごいスピードで走るので40分ほどで着きました。

 

このホテルでチョイスしたのは、豪華プール付きコテージです。

さらにこのホテル、滞在中のスパ料金は込み(1日1回)なのです♡

ちなみに、1泊2日の滞在で2回スパを受けられました。

 

フュージョンリゾート・カムランはニャチャン市街からは少し離れていますが、無料のリムジンバスも出ていて宿泊者はそれに乗ってニャチャン市街へ遊びに行くことができます。

 

フュージョンリゾートがあまりにも気に入った夫は、「そういう楽しみ方も良かったかもしれんなあ」と言っていました。

 

 プール付きコテージ 

f:id:beautifuleveryday:20190705171205j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190705171213j:plain

 

さてお待ちかね!

部屋に入ると、部屋中にレモングラスの甘い香りが充満しています。

匂いフェチの私はそれだけで幸せな気分に。

ホテルのスタッフいはく、レモングラス(ハーブ)は虫よけになるのだそうです。

 

バスタブは、対荷重大丈夫かしら?(・_・;と心配しましたが・・・大丈夫でした。

しませんでしたが、お好みでフラワーバスやミルクバスというのもオーダーできるそうです。

 

f:id:beautifuleveryday:20190705171621j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190705171618j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190705171613j:plain

 

そして大きな窓を開けると・・・庭にはでーんと大きなプールがっ!

隣どうしは塀で仕切られているので、プライベート感を満喫できます。 

滞在中ほとんどというくらい、夫も私もプールに入り浸りで浮かんでいました。

 

種類豊富なスパ 

f:id:beautifuleveryday:20190705171944j:plain

静かで落ち着いたスパルーム

 

夕方になりスパへ。

スパの種類は豊富で、迷うほどあります。(要予約)

 

メニューは夫がマッスルスパ、私はココナッツスパです。

同じ部屋でスパが受けられるようで、それぞれ更衣室で着替えてから合流。

そして始まるやいなや、夫は隣で寝息を立てていました。

 

私はというと、ココナッツオイルがしっとり(というかねっとり)と肌に染み込んでいくような感覚でていねいな柔らかいマッサージでした。

終わると体中がベタベタでしたが、シャワーを浴びると肌がしっとりして心地よかったです。

 

プールサイドのレストランで夕食

f:id:beautifuleveryday:20190705172538j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190705172504j:plain

 

スパの後、夕食はプールサイドのレストランにしました。

フュージョンリゾートにはレストランが3つありますが、屋内があるのはここだけ。

他は屋根つきの屋外です。

 

結局ここのレストランのロケーションが良かったので、ここばかりでした。(冷房も効いているし)

もちろん料理も美味しくて満足。

 

ホテル内を散歩して、部屋に戻ると再びプールへ。

ひと夏分くらい泳いだのでは?というくらい泳ぎました♪

 

ではまた。

Thank you so much!!

 

 

 

のんびりを満喫!3泊4日ベトナム・ニャチャン旅行(2019年)2日目はガイドツアー

f:id:beautifuleveryday:20190622165324j:plain

ロンソン寺

 

こんにちはハイマメです☺︎

前回ののんびりを満喫できる!3泊4日ニャチャン旅行(ベトナム)1日目 - HAIMAME TALKに続くニャチャン旅行(ベトナム)2日目は、ガイドツアーに出かけました。

 

 

 

朝食はホテルのバフェ

f:id:beautifuleveryday:20190620134653j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190622124854j:plain

 

宿泊したホテルCitadines Bayfront Nha Trang では、 1階にあるバーラウンジで朝食バフェがありました。

屋外に面しているので、外の空気を感じながら気持ちの良い朝食を楽しめます。

種類も豊富で、朝から食欲をそそります。

 

ガイドツアー 

 

  1. ニャチャン大聖堂
  2. ポー・ナガル塔
  3. ロンソン寺
  4. ベトナムランチ
  5. ホンチョン岬
  6. アイ・リゾートの泥スパ

 

ホテル内にあるガイドツアーのカウンターを見つけ、前夜に予約できました。

ホテルまでガイドさん&ドライバーが迎えに来てくれて、いざ出発!

 

ニャチャン大聖堂 

f:id:beautifuleveryday:20190622164950j:plain

 

中央の美しいステンドグラスが有名なニャチャン大聖堂。

中に入る時は、脱帽が決まりだそうです。

 

ガイドさんの話では、ベトナムではカトリックが多いとのこと。

でも、今は徐々に熱心な信仰心がある若者は減っているとも言っていました。

 

ポー・ナガル塔(タップ・バー)

f:id:beautifuleveryday:20190622165102j:plain

 

ここは内部はとても狭いですが、女神ポー・ナガル像が見所です。

線香が充満している中、熱心にお祈りを捧げている人もいて厳粛なムードでした。

  

ロンソン寺(隆山寺)

f:id:beautifuleveryday:20190622165944j:plain

 

ロンソン寺では、私のカプリパンツはOKでも夫の短パンはNGで夫だけ入れずでした。

膝上の履物はダメなんだそう。

だけど写真撮影はOKだそうで、厳粛さの程度がイマイチわかりませんね(^_^;)

外に出ると、巨大な白い仏像が座っていて圧巻です。

 

 

シーフード・海鮮料理ランチ「Thuy Duong」

f:id:beautifuleveryday:20190622165424j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190622165439j:plain

 

団体客が到着して満席になりましたが、ガイドさんが交渉してくれてスムーズに席につけました。

 

ボリューム満点で、どの料理も美味しかった。

特に、もずくのスープの良い出汁が出ていてとても美味しかったです。

 

ホンチョン岬

f:id:beautifuleveryday:20190622165537j:plain

 

岩場に乗っている一枚岩が特徴です。

そして、途中の岩の間にある奇岩のトンネルの下は撮影スポットです。 

 

アイ・リゾート泥スパ

f:id:beautifuleveryday:20190622165631j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190622165656j:plain

 

ニャチャンで最も賑わっている泥スパリゾートです。

広大な敷地内には、ミネラル温泉・泥スパ・滝壺・プールなどがあり様々に楽しめます。

肌の保湿に効果的なんだそう。

塩分の匂いがする泥スパは37度前後に保たれていて気持ちがよく、大浴場ではなく個別で入れるのも嬉しい。

 

更衣室にも鍵付きロッカーはありますが、最初に通る貴重品預かり所で預けた方が安全とのこと。

携帯やら財布やらをビニール袋に入れて、ガムテープでぐるぐる巻きにして預かってくれました。 

でも実際には、目を離さなければビニール袋か何かに入れて、持ち歩いていても全然大丈夫な感じでした。

 

水着を着ましたが、貸し出してくれるじんべえを着て入ってもOKです。

シャワーで泥を落としたら、肌がしっとりしているのを感じたので効果はまずまずですね♡

 

その他、ドリンクやお土産売り場もあるので泥スパ以外でも楽しめました。

 

午後の休憩タイム

f:id:beautifuleveryday:20190622170120j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190622170147j:plain


ガイドツアーを終え、ホテルに到着。

ホテルの横にある可愛らしいカフェで小休憩しました。

アイ・リゾートのプールで泳ぎ、小腹が空いていたのでかなり薄味のクレープを。

 

 

夜はホテルでゆっくり

f:id:beautifuleveryday:20190622170410j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190622170506j:plain


夜はコインランドリーで洗濯をしながら、ホテルのアクティビティを楽しんだり、プールサイドでココナッツジュースを飲んだりとゆっくり楽しみました。

ココナッツジュースは初めて飲みましたが、少し甘さがあってスッキリとした味わい。

量は結構多いので2人で1個で十分そうです。

 

夕食はまさかのベトナムカップ焼きそば

f:id:beautifuleveryday:20190622171123j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190622171140j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190622171155j:plain

 

夕方の変な時間に食べたのと、暑さで食欲があまりなかったので、ホテルの売店で買ったベトナムカップ焼きそばを作って食べました。

 

初めて、ベトナムのインスタント麺を作りましたが、作り方は日本と同じ。

お湯を入れ、時間が経ったらお湯を捨て粉を入れてかき混ぜたら出来上がり!

 

お味は・・・と言うと、なかなか美味しかったです。

ただ、ちょっと粉っぽさはありました。

量は、日本と比べると少し少なめの気が。

折りたたみフォークが入っているのは、よいアイデアですよね。

 

ハマったコーヒー入りコーラ!

f:id:beautifuleveryday:20190625151151j:plain

 

コーラ好きの夫が、コーヒー豆の絵が書いてあるコーラを見つけました。

このコーラ!本当にコーヒーの味がしてすごく美味しいんです!!

二人して相当ハマり、お土産に何本も買って帰ったほど。

 

それと、まるでLay'sなポテチを発見。

それもそのはず、これはベトナム版Lay'sなのだそうです。

でも塩味が控えめで、私としてはこちらの方が好みでした。

 

 

そんなこんなで、ベトナム・ニャチャン旅行2日目は屋内外を満喫できました。

そして次回3日目は、ちょっと奮発して別のホテルへ宿泊しました。

ここがまた、気に入ったホテルランキング5に入るほど最高のホテルでした!

つづきはまた。

Thank you so much!!