HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

ちょっと変わったシカゴ観光♪ウォータータクシーに乗って現地気分を味わう

f:id:beautifuleveryday:20180618085122j:plain

 

アメリカのシカゴ・ダウンタウンにはシカゴ・リバーが流れていて、リバークルーズでシカゴ・ダウンタウンを川沿いから観光するツアーも楽しめます。

私もお客さんが来た時に一緒に行ったので、かれこれ3回ほど乗りました。

 

大きめの船なので、あまり揺れもなく船酔いもなし。

日差しと風に気をつけて乗ればとっても満喫できます。

 

今回は、クルーズではなく通勤や移動手段として利用されているウォータータクシーでのちょっと変わったシカゴ観光のご紹介です。

ウォータータクシーに乗って現地気分を味わってみるのもオススメです♪

 

ウォータータクシーとは 

f:id:beautifuleveryday:20171019164855j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171019165231j:plain

 

ウォータータクシーは、いわゆる交通機関で、会社別にそれぞれ違う色のものがあります。

冬季はお休みで、サマータイムなどで運行スケジュールの変更もあるのでHPでチェックが必要です。

Connecting Chicago - Chicago Water Taxi

 

それでは、ミシガンAveからチャイナタウンまで乗りましょう。(片道$4くらい)

こじんまりとしていますが、大抵座れます。

 

ちなみに座った目の前にポスターが貼ってあり、読んでみたら「危険!川の水が目に入った時には洗い流すように!」と書いてありました。(多分)

シカゴリバーを覗いてみると確かに、セントパトリックデーでもないのに緑色っぽくて汚いです。(セントパトリックデー付近には、川の水を緑色に染めるイベントが行われています。現在この染料成分は、有害ではないものを使用している)

 

 

シカゴ・ダウンタウンの高層ビルツアー

f:id:beautifuleveryday:20171019165242j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171019165235j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171019164850j:plain

 

こんな高層ビル街の間を通りながら進みます。

ガイドはないですが、クルーズさながらのツアーです。

真ん中はコーン・コブの愛称で親しまている高層ビル、マリーナシティですがこの駐車場にバックで停めるのは怖いよねという話題が出ました。

 

暖かい日の昼間のクルーズは、とっても気持ちが良いです。

一緒に行った友人の一人がつぶやきました。

「これはもう交通手段というよりちょっとしたアトラクションだよね」

なんて粋なリアクション!と思いつつ楽しみます。

 

実は、ウォータータクシーはクルーズよりもかなり小さいので水の勢いをじかに感じることができてアトラクションぽいのです♪

これもオススメのポイントです。

 

 

どこへ行く?チャイナタウンへ行こう 

f:id:beautifuleveryday:20171019165239j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171019165226j:plain

 

みんな大好きチャイナタウン。

飲茶を食べるためだけに行く、というセレブマダムもいらっしゃいましたよ。

行ってみたらとっても中国っぽかったです。

 

左の写真はウォータータクシーの乗降口。

すでに中国の雰囲気ですね。

 

右の写真は十二支の銅像が並んでいる広場。

それぞれが自分の干支の写真を撮っていました。

 

f:id:beautifuleveryday:20171019164835j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171019164839j:plain

 

左はチャイナタウンで飲茶が人気のフェニックス・レストラン

ランチ時は大にぎわいです。

 

京都で食べたアンドリューのエッグタルトの味が忘れられずにいましたが、チャイナタウンにもエッグタルトがあった!そして美味しかった!

あまりに嬉しかったので、夫にお土産を買いましたよ。

  

 

チャイナタウンには、漢方や中国の食材・お菓子などを取り揃えたお店などもあり、見ごたえも十分です。

 

あとがき 

こんな感じで目的地のチャイナタウンへ行くまでに、なんと!ちゃっかりシカゴダウンタウンの観光もできるウォータータクシーで現地気分を味わってみてはいかがでしょう?

 

 

Thank you so much!!