HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

映画「めがね」のロケ地ヨロン島は、まさにたそがれスポット!

 f:id:beautifuleveryday:20180628230740j:plain


 Hello, How are you? ハイマメです。

数年前、夫の希望で与論島に行きました。

なんでも海の上に突如出現するという不思議な百合ヶ浜に行きたかったんだとか。

相変わらず絶景スポットに疎くて知らなかったという私ですが、行くと決まれば張り切ってリサーチです。

 

すると。。。なんと!

好きだった映画「めがね」のロケ地だということが判明。

行ってみたらヨロン島はまさにたそがれスポットだったのです。

 

ヨロン島とは 

        f:id:beautifuleveryday:20171024104136j:plain

 

癒しの島と呼ばれる鹿児島最南端の小さな島で、自転車で島を一周できるほどのアットホームさ。

そして周囲を白い砂とサンゴに囲まれた温暖な気候が特徴です。

 

また干潮時にだけ海の上に出現するという砂だけでできた百合ヶ浜は、とてもアメイジングで人気なのだそう。

アクセスや島に関しては、詳しい公式サイトを参照してくださいね。

 

映画『めがね』情報も載っていました。

ヨロン島観光ガイド | 鹿児島県最南端の与論島公式観光サイト 

 

映画「めがね」とは

        f:id:beautifuleveryday:20171024125021j:plain

登場人物が全員めがねをかけているという設定のほのぼの映画。

 

舞台はヨロン島にあるハマダという宿。

この島に休暇で都会から訪れた疲れ切った女性作家とその担当者が、島の素朴な人たちとの温かい交流の中で次第に元気を取り戻していくというお話で、全体的にのんびりとしています。

 

素敵な北欧映画『かもめ食堂』のスタッフで構成された映画でもあります。

 

 

 この島を選んだ女性作家の言葉が印象的です。

「携帯の電波が届かないところが良かった」

 

ちなみに、前に書いたモルディブの島も電波届きませんでしたよ。

新婚旅行が最高の思い出になる♡モルディブ水上コテージ - Haimame Talk

 

ヨロン島1日目

f:id:beautifuleveryday:20171024125718j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024125710j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024125835j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024125700j:plain

 

夕方着いてホテルの近くを散歩。

変わった像をいくつも発見。

 

夜はBBQで夫がサプライズの誕生日ケーキを準備してくれていました!

しかも偶然にもお客さんがみんな帰った後だったので、貸り切りでハッピーバースデーソングを流して祝って頂きました。

 

ヨロン島2日目 

f:id:beautifuleveryday:20171024125824j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024125815j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024125847j:plain

 

午前中はホテルの自転車を借りて、島内の主な「めがね」散策。

資料館には映画で使われた自転車が展示してあり、館内を走らせてもらえましたよ。

 

ランチ

f:id:beautifuleveryday:20171024125844j:plain

創作ダイニング福家

途中で見つけた、落ち着いたシンプルおしゃれなお店創作ダイニング福家で美味しいランチ。

こんな風に、散策途中にヒョイっと見つけたお店に入るのって久しぶり。

 

アクセス

 

百合が浜ツアー 

f:id:beautifuleveryday:20171024130013j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024131747j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024110319j:plain

 

午後からはホテルに集合して、いよいよ百合ヶ浜ツアー。

船の底にたくさんの魚を見られました。

 

そしてしばらく海を進んでいくと突如!白い砂浜が!

 

       f:id:beautifuleveryday:20171024130326j:plain

 

しばらく砂浜タイムです。

この砂浜はさすが海に浸かっていただけあって、すごく柔らかい。

気をつけて歩かないと足を取られます。

 

しかし、本当に不思議な現象ですよね。摩訶不思議!こんなことって可能なんですね。

素敵な体験ができました。

 

ヨロン島3日目 

f:id:beautifuleveryday:20171024130338j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024132215j:plain

 

海をバックに、可愛いヨロン駅

使用されていないので、ここでは線路で写真を撮っても大丈夫ですよ。

右は遠くにある岩を使ってのトリック写真。成功かな?

ここなの?的な場所にひっそりありました。

 

ランチ

f:id:beautifuleveryday:20171024132420j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024130151j:plain

 

ランチは名物の鶏飯

こちらも『めがね』の宿ハマダのロケ地だったヨロン島ビレッジ内のレストラン『ヨロンの味たら』です。

あっさりしているけれど、鶏のコクが出ていてとても美味。

食後に、ロケ地の見学も自由にできました。

ここで、美味しそうな食事を食べたりしているシーンを思い出します。

 

アクセス

 

 

ヨロン空港 

f:id:beautifuleveryday:20171024130318j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024130143j:plain

 

与論空港は開放的で、こんなに近くに飛行機の離着陸が見られるので飛行機好きには嬉しいでしょうね。

 

甘味処

f:id:beautifuleveryday:20171024130140j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024130132j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024130020j:plain

 

味咲で「めがね」で出てきた白玉入り沖縄風ぜんざいのかき氷を食べつつ休憩を。

初めて食べたという、個性的で飽きない美味なかき氷。

 

アクセス

 

右端は『めがね』で薬師丸ひろ子さんが女主人の、変わった宿マリンパレスとして登場した星砂荘。(営業中)

 

たそがれ

f:id:beautifuleveryday:20171024105601j:plain

映画『めがね』でメルシー体操を行っていたトゥマイビーチ

真っ白な砂が美しいトゥマイビーチで、動画を見ながら二人でメルシー体操を行いました。

そのあと、ビーチに座って海を眺めしばしたそがれ。(実はこれがやりたかった!)

海って不思議です。寄せては返す波を見ていると、なぜかずっとぼーっとできますよね。

 

あとがき

f:id:beautifuleveryday:20171024130000j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024130200j:plain
f:id:beautifuleveryday:20171024113257j:plain

 

こんな感じで、島の人と同化するような本当にのんびりとした日々を過ごせました。

ヨロン島の不思議なところは、派手さはないですがまさに自然・普通といった環境なので現代を忘れるというか開放されるというか。

滞在中ほとんど、テレビとかネットとかから離れていたように思います。

そんな経験は久しくて、それがかえって新鮮でした。

 

ちょっと心の洗濯をしたいな、開放されたいなという方にはビーチでたそがれられるヨロン島は是非オススメだと思います。

 

Thank you so much!!