HAIMAME TALK

楽しいことをしよう

伊丹空港におしゃれなフレンチベーカリー、メゾンカイザーが!

 

こんにちはハイマメです。

 

  

先日行った伊丹空港で、あのおしゃれなフレンチベーカリー、メゾンカイザーを見つけました。

  

伊丹空港におしゃれなフレンチベーカリー、メゾンカイザーが!

f:id:beautifuleveryday:20210211230347j:plain

 

急遽、飛行機に乗る用事ができたので伊丹空港へ向かいました。

ちょうどお昼に近かったのでフードコートへ。

 

目に飛び込んできたのが、あのメゾンカイザー!

別コンセプト(?)のようで、”& COFFEE”と書いてあります。

一度だけ京都にあるメゾンカイザーに行ったことがありますが、その時はパンを買っただけなのでお店で食べるのは今回初めて。

 

スタイリッシュな内装で、フードコートでも一際異彩を放っています。

フードコート風なのにゆったりリラックスできる雰囲気で気に入りました。

 

f:id:beautifuleveryday:20210211230357j:plain

 

メニューを見て一瞬で決めた”キーマカレーと半熟たまご(520円)”は、食べると中からとろ〜りと半熟たまごが出てきます。

外側のカレー風味が食欲をそそる。

よくありがちなカレーパンではないカレーパンというのも素敵。

お値段520円もするだけあって、結構大きくて1個で十分満足するボリュームでしたよ。

 

メゾンカイザーは前にテレビ番組で知り、紹介されていた食パンに興味を持ちました。

あいにく売り切れていたので、まだ食パンには巡り逢えていないのですが・・・。

でも食パン以外のパンも美味しかった。

どっしりとしたパンなので、軽めのパンが好きな人は少し驚くかも。

でもパンを食べた感があり、私は好きですね。

 

50年に一度の天才パン職人と称されるエリック・カイザーの世界的ブーランジェリー。

すべての始まりは、1996年、パリ5区モンジュ通りにエリック・カイザー自身がオープンさせた第1号店「ERICK KAYSER」から。

 

フランス人ですらパン離れが加速するなか、イースト菌が使われだす前1800年以前の天然酵母主体の製パン方法に戻すべきだと考えたカイザー氏。

「ルヴァンリキッド」と呼ばれる液化天然酵母技術を核としたパン作りを確立し、味わい深いパンを手ごろな価格で提供し始めました。

 

パリのパン界に衝撃を与えたエリック・カイザーの出現。「ERICK KAYSER」は、今や日本を含め、世界20か国およそ150店舗を展開する、フランスパン界のリーディングベーカリーとなっています。

 

MAISON KAYSER HP

 

食べたらフランスのパン文化に触れられる、良い機会になるかもしれません。

ではでは。