HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

韓国人女性はみんな読んでいる?社会現象になった『82年生まれ、キム・ジヨン』

こんにちは、ハイマメです☺︎

久しぶりに、「どうしても今すぐ読まずにはいられない!」と思う本「82年生まれ、キム・ジヨン」を読みました。

 

読みまずにはいられなかった理由は、私が女だからです。

 

ある記事で「韓国人女性はみんな読んでいる」というのを知りました。

そして、読んでいなかった日本人女性への「まだ読んでいないの?」という反応も心に刺さりました。

 

この作品を読んでいないというのは、呆れられてしまうことなの?と興味をそそられたのです。

 

それもそのはず!

この作品は、韓国のフェミニズム運動が社会現象になるほどの話題作だったのです。

  

「82年生まれ、キム・ジヨン」 

 著者:チョ・ナムジュ

出版社:筑摩書房   

f:id:beautifuleveryday:20190702115704j:plain

あらすじ

出産を機に仕事を辞め専業主婦となった韓国人キム・ジヨンは毎日、家事・育児に励んでいた。

ところが、徐々に不穏な言動が見られるようになる・・・。

そして夫チョン・デヒョンが気づいた時には、ジヨンは次々と別人格を演じるようになっていたのだった。

 

危険を感じたデヒョンの勧めで、ジヨンは精神科医のカウンセリングを受けることに。

そして、カウンセリングでジヨンが生い立ちを語り始めると・・・。

 

そこには、韓国で女性として生きる生きづらさが描かれていた。

  

感想

 

読み始めは、家事・育児に疲弊した元キャリアウーマンがメンタルを崩していく物語なのかと思っていました。

けれどそれだけではなくジヨンは、韓国に根強く残る男女差別による被害者なのだと知らされます。

 

カウンセリングという形式で徐々に明かされるキム・ジヨンの生い立ちによって、今まで知らなかった韓国の実情を垣間見ることができます。

そして、それは怒りと悲しみを覚えながらも、日本でも似たような歴史があることに気づきます。

 

また今もそうなのかは分からないけれど、「生きながら火に焼かれて」に記されていた中東の国ヨルダンでの信じられない差別も思い出されました。

 

そして、私にとっては最後の一文に作者の思いが込められているような気がします。

でもこれは、あとがきや解説でも触れていないので確認はできませんが。

 

それほど、時代を経た根強い性差別はすぐに変えられないのかもしれません。

  

正直、私はゴリゴリのフェミニストではありません。

もちろん、これまで生きてきた中でそういう男女差別を感じ、時には憤ることもありました。

でも最終的には、なんとなく「そういうもの」だとやり過ごしてきたような気がします。

 

ただ、これは「男女公平」なら良いとか丸く収まるという単純なことではないと思います。

もっとお互いを理解しあうことが大切で、そこから差別という垣根を取り払っていかなければ、どこかでまた歪みができてしまう。

 

男女差別とは何か?

自分には何ができるのか?

を考えるきっかけになりました。

 

 

そんなわけで、女性には特に読んで欲しいと思える作品でした。

ではまた。

Thank you so mcuh!!