HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

暗い気分になった「コンビニ人間」だけど・・・人間関係のヒントになるかも?

f:id:beautifuleveryday:20190305082603j:plain

 

こんにちは。「コンビニ人間」を読んだら・・・ズドーンと暗い気分になっているハイマメです☺︎

・・・の割にこのニコちゃんマークは?!って感じですが、暗い気分になったのは本当です。

 

「コンビニ人間」は前評判などを読んでいなかったので、てっきり「コンビニ命!」的な主人公が孤軍奮闘する物語なのかと思っていました。

そしてストーリーが興味深いので、あっという間に読めましたが・・・なんだか思っていたのとは違うヘビーでドライな内容でした。

 

でも読んだあと考えさせられる内容で、人間関係のヒントを得たような気がします。

 

 

 

 

コンビニ人間あらすじ 

作品紹介

著者:村田沙耶香

2016年芥川賞受賞作品

 

 

 

主人公は幼い頃から自分は人とは違うと感じ、社会と共存するために自分の行動を周囲に合わせるように生きてきた古倉恵子。

 

大学時代に始めたコンビニのアルバイトは、気づいたらそのまま18年続けていた。

周囲はどんどん変化しているが、恵子だけは変わらず来る日も来る日もコンビニ店員として生きていた。

それに何の不満もないし、むしろその生活を心地よくも感じてもいた。

 

けれどそんな自分を、友人知人は「普通ではない」と感じはじめていることに気づいた恵子は、周囲に「普通の人間」だと思わせるためにある計画を思いつくのだった・・・。

  

感想

 

前に、この主人公・恵子に少し似ている主人公が登場するドラマがありました。 

そのドラマはラブコメだったのでもう少しポップな印象で気に入っていましたが、似ているということは描き方が違うだけで、もしかしたら伝えたいことは同じようなことだったのかもしれない。

 

恵子が普通の人と違っているのは、軽めに言うと感情が薄いということ。

重めに言うと病気なのかもしれません。

出来事の全てを客観的に考える恵子の鋭さが、的を射ていて興味深くもあります。

「恵子はきっとビビることってないんだろうな」と思うと、ビビり芸人と同じくらいビビりの私は羨ましくも思いました。

 

でも・・・それだけでは済まされないんですよね、生きていくには。

 

恵子は犯罪者でもないし、むしろ生活自体は常識的です。

でも「普通の人」と少し違うマイノリティなので、社会からは異物と見なされてしまう。

 

マイノリティとは「異物」ってことなんでしょうか?

 

こうやって主人公・恵子を通してだったら、「異物と見なすなんてひどい!」と思うのに、実際に恵子みたいな人に出会ったら、「変わってる人」だと見なしてしまうであろう自分も嫌だなあと思いました。

 

かといって、「病気だから」「かわいそうな人」だと同情されるのも嫌でしょうね。

かわいそうがられるのは、きっと自分でも嫌だし情けなくなると思う。

 

自分も含めて社会全体がマイノリティに対して、個性だと思えればいいなと思いました。

犯罪は「ダメ!絶対!」ですけど、そうでないマイノリティや自分とは違う考え方や格好や行動の人を見て、最初は変だと思ったり、ムカついたり悲しんだりするかもしれないけれど、最終的には「個性」だと消化できればいいなと思いました。

 

「コンビニ人間」を読んで、自分の周りにいる理解できなかった人のことも「個性」だと思えるようになるといいな。

それって優しい気持ちもそうだけど、自分にとってもストレスがなくなるからいいことですもんね。

 

と言いつつ、恵子ほどではないにしろ私も結構マイノリティっぽい性格なんですけどね╰(*゚x゚*)╯

だからこそこの作品を重く感じたのかもしれません。

なんか、いろいろ頑張ろう。

 

そんなこんな考えさせられた「コンビニ人間」ですが、読んでよかった。

ちなみに、著者は芥川賞を受賞してからも生活リズムを変えないために、コンビニで働いているんですって。

 

ではまた♪Thank you so much!!