HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

『ミチルさん今日も上機嫌』バブル時代に取り残された女の現実

 

こんにちはハイマメです☺︎

すっかりハマってしまった原田ひ香ワールド。

『ミチルさん今日も上機嫌』では、憧れだったバブル時代が垣間見れました。

そして、「自分はダメだなあ」と感じた時に元気をもらえる作品です。

 

『ミチルさん今日も上機嫌』

 著者:原田ひ香

出版社:集英社  

  f:id:beautifuleveryday:20190720112443j:plain

 

あらすじ

 

バツイチ・子なし・45歳の美魔女・山崎ミチルは、バブル時代からずっと周囲にもてはやされ、苦労知らずのシングルライフを満喫していた。

 

ところが数ヶ月前、ミチルは人生で初めて男に振られ挙句、男は別の女と結婚した。

ショックで無断欠勤の末、会社をクビになる。

残されたのは、元夫から譲られたマンションとわずかな貯金のみ。

 

新たな仕事を探すも、不景気でなかなか見つからない。

そんな中見つけた、チラシ配布のアルバイト募集。 

仕方なく始めたチラシ配布だったが、バイトで知り合った人々との交流の中、少しずつミチルの心に変化が・・・。

  

感想

 

バブル時代には、ミチルさんのように青春を謳歌していた人がたくさんいた。

職場のお局様からよく、当時の話を聞いては羨ましく思っていました。

 

でも実際には、ミチルさんが言うように「本当は貧しい時代だった」のかもしれない。

そして今、バブル時代に取り残されたままの人が、煌びやかな時代を引きずりながら生きているのかもしれません。

 

そんな一人でもあるミチルさんは、現実を思い知らされ途方に暮れます。

けれど、周囲の人と関わる中で少しずつ地に足をつけて生きるように!

 

人が立ち上がって前に進む時には、まず現実を思い知るということが大切です。

情けない思いや辛さを越えて、腹を決めることは素敵だと感じました。

 

「自分はダメだなあ」と感じた時に、元気をもらえる作品です。

  

Thank you so much!!