HAIMAME TALK

楽しいことをしよう

自分の常識をアップデートしてる?本『世界のニュースを日本人は何も知らない』

 

こんにちはハイマメです。

 

  

自分の常識っていろいろなタイミングで変化しませんか。

今までは意識したり自然だったり、きっかけは様々だったんですが。

私は今回読んだ本で「これからは意識して自分の常識をアップデートしよう」と思うようになりました。

 

自分の常識をアップデートしてる?本『世界のニュースを日本人は何も知らない』

f:id:beautifuleveryday:20210528134121j:plain


 

著者は谷本真由美さんという元国連職員の方で、現在はロンドンに在住されているそうです。

外資経験もあり世界各国での就労経験がある方なのでグローバルな視点で書かれていました。

 

本ではまず序章で「日本人はなぜ世界のニュースを知らないのか」について、日本のメディア状況や日本人の国民性など、その結果のリスクについても述べられています。

 

そして全6章に分けて「日本人が世界のどんなニュースについて知らないのか?」について。

 

例えば、

  • 世界の政治
  • 世界の常識
  • 世界の社会状況
  • 世界の最新情報
  • 世界の教養

などで詳しく分かりやすい例えが出てくるので、雑学としても情報としても楽しめる内容でした。

 

第二弾の本も出ていて、そちらも読んでみたらコロナの影響もあって若干筆者の憤りが強い印象でした。

一つの情報として多面的に受け止めようと思います。

 

日本のニュースやメディアサイトを見ているだけでは知り得ない内容がたくさんあり、とても興味深く読めました。

もちろんこれが全てでもないだろうとは思います。

社会は日々変化しているから同じようであっても実際は昨日と同じではないですもんね。

 

それに人間なので、様々な見方や考え方もあります。

ある人にとってはポジティブなことも、ある人にとってはネガティブに感じたり。

そいういう意味でも、あまり情報だけに執着し過ぎないようにしないとですね。

  

私のイギリスへの知識

 

私のイギリスへの知識はだいぶ古い時代で止まっていたと知ったのは、実は昨年読んだブレイディ・ミカコさんの著書『僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー』でした。

本によると、現在のイギリスは移民が増え生活や文化などが多様化しているそうなんです。

 

もちろん古き良きイギリス文化も一部あるにはあるけれど、現在ではそればかりでもないというものです。

 

同じようなことがこの『世界のニュースを日本人は何も知らない』でも書かれていました。

 

皆さんイギリスに対してどのようなイメージを持っていますか。

・・・・・

でも実際にロンドンを訪れてみると、そういったあるべきはずのイギリスがそこには存在しないことに驚かされるでしょう。

本より抜粋

 

多様化・多民族化しているからと言って、それがマイナスというわけでもないようで料理などは以前より種類も多くとても美味しくなっているようです。

 

地域が発展するためにも異文化の融合はマストなようだし、世界は変わり続けているということですよね。

 

そんなこんなで目からウロコという感じで自分の常識をアップデートしていこうと思った本でした。

興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

ではでは。