HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

ふつうの主婦が7月に読んだ本10冊+α

f:id:beautifuleveryday:20190731081913j:plain


こんにちはハイマメです☺︎

7月は活字中毒だったようで、最終的に10冊以上読みました。

読書と言っても私の場合、小説の割合が多く、勉強というよりは楽しみです。

 

ただの暇人?という印象ですが、7月はオンライン講座やエクセル講座なども受講して、意外と忙しかったので反動かもしれません。(ストレス?)

 

 

7月に読んだ本13冊

f:id:beautifuleveryday:20190731082352j:plain

 

  1. 『Butter』柚木麻子
  2. 『悲体』連城三紀彦
  3. 『さよなら田中さん』鈴木るりか
  4. 『綴られる愛人』井上荒野
  5. 『はじまらないティータイム』原田ひ香
  6. 『ミチルさん今日も上機嫌』原田ひ香
  7. 『DRY』原田ひ香
  8. 『文章力の基本』阿部紘久
  9. 『スティーブ・ジョブズⅠ』ウォルター・アイザックソン
  10. 『お金をちゃんとかんがえることから逃げまわっていたぼくらへ』糸井重里・邱永漢
  11. 『1万円起業』クリス・ギレボー(本田直之)
  12. 『世界遺産検定2級公式テキスト』
  13. 『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キイス

 

読書感想文の記事で書いていない本もありますが、全部で13冊読みました。

内訳は、小説7・勉強2・自己啓発2・伝記1・文学1です。

 

小説はほぼ全ての作品がおもしろかったので、あっという間に読みました。

原田ひ香さんは、今1番ハマっている作家です。

でも『DRY』だけは、気分がどんよりしました。

 

とても気になっていた中学生作家・鈴木るりかさんの『さよなら田中さん』は、子供にも読んでもらいたいような素敵な作品だったので、読んだあと姪っ子にあげました。

 

『文章力の基本』を読んで、ブログのリライトを始めました。

でも今もそうですが、自分の文章の癖というのはなかなか直らないものですね。

これから、この本で学んだことを生かせればいいなと思います。

 

起業に興味があって読んでみた『1万円起業』は、「そういうアイデアもあるのか」と新しい発見がありました。

 

また12月に受ける予定の『世界遺産検定2級テキスト』は、ざっと読んだだけでも興味深いものでした。 

  

8月も10冊!

f:id:beautifuleveryday:20190731082955j:plain

  

8月は夏休みもあるので、成長を目指して目標10冊です。

勉強の本ばかりじゃないので、成長っていうか・・・やっぱ楽しみじゃ?という気もしますが。

 

でも読書は「想像力や忍耐力を養える」ということで、脳の成長にも良いのです。

それに、ストレス解消にもなります♪

 

すでに読もうと思っている候補は、今のところ5冊あります。

小説3・文学1・自己啓発1・です。

文学は人生を豊かにする良書100冊読破のチャレンジ(中学生レベル) - HAIMAME TALKの中から、夏目漱石の『坊ちゃん』です。

 

きっかけは、たまたま観たNHKの茂木健一郎氏と滝沢カレンちゃんの番組です。

解説を聞いていたら、夏目漱石にとても興味を持ちました。

夏目漱石の作品では『こころ』も好きです。

『坊ちゃん』は教科書で読んだけど、あまり記憶に残っていないのでもう一度読もうと思っています。

 

他にもどんなおもしろい本と出会えるか、とても楽しみです。

Thank you so much!!