HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

コーヒーケータリングをしてきました♪

                 f:id:beautifuleveryday:20190311120913j:plain


こんにちは!コーヒー好きなハイマメです☺︎

今年に入ってから、夫はコーヒー好きがきっかけでイベントのコーヒーケータリングのお声がかかりました。

でもいざコーヒーケータリングをしてみると、挽きたてコーヒーが大好評だったようで、1人では汗だくになるほど大忙しだったようです。

 

そんなわけでなんだか面白そうなので、頼まれてもいないくせに私も助っ人としてコーヒーケータリングに参加してきました。

 

 

コーヒーケータリングの必要物品

f:id:beautifuleveryday:20190311120034j:plain 

コーヒーケータリング必要物品

  • 電動コーヒーミル
  • ケトル
  • ドリッパー
  • サーバー
  • フィルター
  • コーヒー豆
  • 計量スプーン
  • 紙コップ
  • 水(軟水)
  • シュガー&ミルク&スプーン
  • キッチンペーパー
  • 手ぬぐい数枚
  • ゴミ袋

 

当然ですがコーヒーケータリングに必要な物品は、自分たちで準備して持って行きます。 

電源やテーブルなどは貸してもらえますが、その他はできるだけ自分たちでまかないます。

なので、汚れた時にキレイにできるようキッチンペーパーや手ぬぐい・ゴミ袋も持参します。

前にご紹介したわが家の手ぬぐいは、こんな時にも重宝しましたよ。

 

一応50カップ分と、予備として自宅で使っているものも準備しました。

 

キッチンタオルはおしゃれな手ぬぐいで♡食中毒の予防にも!

 

新しく購入したコーヒーグッズ

f:id:beautifuleveryday:20190311120117j:plain
f:id:beautifuleveryday:20190311120134j:plain
品川駅のBLUE BOTTLE COFFEE

 

私がせっせと断捨離をしているかたわら、夫が遠慮がちに言いました。

「コーヒーグッズを買ってもいい?」

 

いつもなら「なんですと?それは必要なものなのかね?」と考える私も、コーヒーグッズと聞いて「ええやん〜」と即答です。

面白そうなものだと、つい財布の紐も緩みがち。

とはいえ夫が自腹で購入するのでこの場合、私の財布の紐なんて関係ないんですけどね(^^;;

 

 

ということで私も一緒にリサーチして、電動コーヒーミルと電気ケトルを購入しました。

電動コーヒーミルはBONMACで、詳しくないのでいろいろな電動コーヒーミルを比較していたサイトを見て決めました。

 

あの!BLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)でも使用しているんですって。(実はそれが決め手!)

 

電気ケトルは、憧れていたBALMUDA(バルミューダ)です。

無印良品かBALMUDAがオシャレでいいなと思っていましたが、BALMUDAにしたのは注ぎ口が細くなっているのでコーヒーを淹れることもできるという点です。

 

なので、「ゆくゆくケトルはコレ1つにできるかも?」という思惑もあります。

ただ実際コーヒーケータリングをしてみると、2個で同時にサービングしないと間に合わない・・・という事実も判明したので2個持ちは必要かもですが。

  

今後の課題(反省会)

f:id:beautifuleveryday:20190311134004j:plain

  • 効率的な動き
  • 物品の並べ方
  • アプローチ方法

 

またやるんかい?という感じですが、今後もやると想定して夫と反省会をしました。

コーヒーを淹れるのはバッチリでしたが、タイミングがまずかった。

お湯が沸くのに少々時間がかかるので、待っている時間が割とありました。

休憩時間などは大勢がコーヒーをもらいに来るので、タイミングを見計らって準備をしなくてはいけないところ、ボーッとしてしまいことごとくタイミングを間違えました。

短時間で効率的にコーヒーサービスができるような動きを考えなくてはです。

 

また、フィルターなどのゴミや受け取りやすいカップの並べ方の工夫

今回はスタッフの方が、コーヒー豆やテイスト情報のポップなどを上手に書いて準備してくれましたが、そういうアプローチ方法も気づかないといけないポイントでした。

 

イメージはしていましたが、実際にやってみると課題がたくさん出てきます。

でも課題をクリアしていけば、次はもっと上手にできるはず♪

背中や腰が痛くなってかなり疲れましたが、途中で余っているコーヒーを飲みながら自由にできたり、「お店はどこにあるんですか?」などと聞かれたりして(店はない)、リップサービスだったとしてもずいぶん気を良くしたのでまた行きたいなと思いました。

 

ではまた(^^)/ Thank you so much!!