HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

長く使えるだけじゃない鉄製フライパン!「譚彦彬厳選の鉄製フライパン」レビュー

f:id:beautifuleveryday:20181111223640j:plain

 

こんにちは!

「やっぱ炒め料理には鉄製フライパンよね〜うふふ」と一人ほくそ笑んでいるハイマメです☺︎

 

実は今までTファール派でしたが、このたび鉄製フライパン派に移籍しました!

料理上手ぶりたいためにチェンジしたのではありませんよ。

キッチン用品も長く使いたいと考えたからなんです。

 

そして頂いたカタログギフトで、鉄製フライパンを見つけたタイミングでのチェンジとなりましたが、いざ使ってみると長持ちするというだけではない嬉しいメリットがありました。

 

 

鉄製フライパンにチェンジしたかったワケ

  • 料理がおいしくできる
  • フライパンが長持ち

幼き日の思い出

うちの父は若いころ職業を転々としていて、一時期コックをしていたこともあり、家でもおいしい炒飯などを作ってくれました。 

その父が使っていたのが鉄製のフライパンで、念入りに焼きを入れている姿を見て「さすが料理人やな!」と憧れていました。

 

炒め料理と鉄フライパンは相性が良いので、料理がおいしくなるんですね。

 

そして重大なことを思い出したのです!

鉄製フライパンの寿命が相当長かったということを!

確実に20年以上は使えていましたよ。

 

焦げつかないのが魅力のTファールですが、何年か使うとテフロンの剥がれや安全性が気になり、加工や買いかえを考えるのがネックでした。

 

ということで、「おいしい料理ができる上に長持ちする」鉄製フライパンにチェンジしようと思いました。

   

譚 彦彬厳選の鉄製フライパン

ジャーン!

し、渋い。

 

北欧系のおしゃれなものや、何年待ちの南部鉄器のフライパンも検討しましたが、ワッシャワッシャ炒める中華料理への憧れが勝り、こちらにしました。

しかも頂きもの(´ε`●)

 

f:id:beautifuleveryday:20181110223257j:plain

鉄製炒めなべ27cm(日本製)

木ベラのみ中国製

  

鉄製フライパンの特徴

  1. 高温の調理に適している
  2. 使うほど長持ちする
  3. 料理がおいしくなる

 

1. 高温の調理に適している

鉄は高温に強い材質なので、一気に炒める調理に適している。 

2. 使うほど長持ちする

使えば使うほど油がなじみ、使いやすくなり手入れもしやすくなる。 

これは先ほどのエピソードの通りです。 

3. 料理がおいしくなる

フライパン自体をかなり高温にするため、素材の表面を一気に焼いて中に旨みを閉じ込めることができるため料理がおいしくなる。 

 

お手入れ3つのポイント

f:id:beautifuleveryday:20181110223405j:plain

1.  やるべからず

 

  • 油温を200度以上にしない
  • 極端な空焼きをしない
  • いっぱいいっぱいまで油や水を満たさない
  • 高温のまま冷水を浴びせない
  • ストーブでは使用しない
  • 炎を取手に当てない
  • 炎を底面より大きくしない

 

では、説明書を読んでいきましょう!

ちなみに写真の方⬆︎が、譚彦彬(たんひこあき)さんで、「赤坂離宮」の総料理長なんですって!

知らんかったけど、これも何かの縁、一度中華を食べに行ってみたいです。

 

それにしても、料理人の方の写真のポーズってみんな腕組みドヤ顔です( *´艸`)

ぽいですけど、決まりがあるんでしょうかね。 

 

「やるべからず」の項目は、ふつうに「ダメ!絶対!」という感じなのでスルーして「お手入れ」の項目へ。

 

2.  使いはじめは「洗剤で洗い、よく乾かす」

 

使いはじめにまず「食器用洗剤でよく洗い、乾かす」んですって。

また、「基準に満たした加工をしているので空焼きは不要」なのは簡単でよいですね〜。

 

3.  使用後は「タワシやササラで洗い、水分を飛ばし、よく乾かす」

 

使用後のお手入れは洗剤は使わず、「タワシやササラで内外を洗ってから、火にかけるなどして水分を飛ばしてよく乾かす」んですって。

 

火にかけて水分を飛ばす・・・これは少々面倒・・・と思っていましたが、実際に空焼きして水分を飛ばしてみると割と早くて簡単でした。

  

ちなみにササラって知ってます?(・_・;

わたしの人生で、初めて聞いた言葉です。

調べてみると「竹や細い木を束ねて作られた洗浄用具」で、茶道で使う混ぜる竹の束みたいなイメージでした。

  

さらに、使いたてで油がまだなじんでいない頃は「油を塗って拭きとっておく」のだそう。

フライパンがツヤツヤしてきたら、もう油を塗る作業は不要なので、それまでの期間ならわたしにもできるかと思います。

 

こんな感じで、お手入れも面倒ではなさそうですね。

まとめると、「洗剤などを使わず洗ってしっかり乾かす」ということかな。

 

Tファールは処分するので、これからはフライパンはこれ1つ。

「共にいざゆかん!」というきもちで大事にします♪

あ、卵焼きフライパンはあるけど。

 

使って感じた嬉しいメリット

 

  • 手入れが簡単
  • ちょうど良い大きさ
  • 焼き音・色味がよい
  • おいしい(ような気がする)

 

実際に使ってみたら、本当に手入れが簡単でした!

これなら面倒くさがりでも使えます。

まだ油のなじみが少ないので焦げつきが心配でしたが、全く焦げつくことなく炒められました。

 

大きさもちょうど良く、焼きそば2玉と野菜たっぷりでもかなり余裕がありました。

 

炒めながらジュウジュウとおいしそうな焼き音がして、とても気に入りました。

そして、野菜の色味が心なしか鮮やかです。

肝心の味も、ウンウン気のせいかもしれませんが?いつもよりおいしいです。

 

長持ちという点については、これから使用して追記していきたいと思います。

そんなわけで、鉄製フライパンデビュー戦は大勝利!という感じでした。

 

ではっヽ(○・▽・○)ノ゙

Thank you so much!!