HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

キッチンタオルはおしゃれな手ぬぐいで♡食中毒の予防にも!

 

f:id:beautifuleveryday:20180726091934p:plain

Hello, How are you ? ハイマメです。

突然ですが、キッチンタオルってどんなものを使っていますか?

 

おしゃれさも欲しいし、食中毒予防のために清潔さもキープしたいですよね。

でも使う機会も多いので、もしかしたら家の中で1番しっとりしやすいのではないでしょうか?

 

いろいろ考えて、わが家ではキッチンタオルを手ぬぐいにしています。

かれこれ5年ほど使っていますが、とてもしっくりきています。

そんなわけで、気に入っているポイントのご紹介です。

 

 

 

キッチンタオルを清潔にするワケ

f:id:beautifuleveryday:20180726101751j:plain

 食中毒予防にはキッチンの衛生管理がたいせつ!

 

「食中毒」というと飲食店で発生するというイメージが強いですが、実は食中毒の発生件数は自宅が第2位なんですって!

 

 

それって、わが家で発生してもおかしくないということよね?

 

 

  

食中毒予防には「キッチンの衛生管理がたいせつ」なのです

 

キッチンタオルは常に乾いたものを!

 

キッチンタオルについて、料理研究家で栄養士の若宮寿子さんの興味深い記事がありました。

 

 

「ふきん類は常に乾いているきれいなものを」

 

「暮らしの現場レポート」で、一般のごかていのスポンジや手拭き用タオル、台ふきんなどで菌の汚染度が高いという報告がありましたが、その通り。

 

湿っていれば菌が繁殖しやすくなるので、スポンジは水きれの良いものを選ぶと良いでしょう。

 

食器をせっかくきれいに洗っても、ふきんが汚染されていれば台無しです。

テーブルや調理台の上も汚れた台ふきね水拭きしていれば、きれいになるどころか菌をどんどん広げることになります。

 

ふきん類はこまめに洗濯したものに取り替えて、乾いた状態のきれいなものを使っていください。

 (料理研究家:若宮寿子)

 

 

 

タオルやふきんは濡れたものを拭くので、濡れるのはあたりまえです。

けれどそれを、濡れたままにしておくと雑菌が繁殖します。

 

その雑菌だらけになったものを使って、再び手や食器などを拭いたらどうなるか・・・?!というのを想像する(したくない)と確かにとっても危険です。

 

それについて若宮寿子さんは、「濡れたものはこまめに取りかえ、常に乾いたキレイなものを使うこと」をすすめています。 

清潔なキッチンで家族の健康を守る 料理研究家・栄養士・HACCPコーディネーター 若宮寿子さん|達人コラム|くらしの現場から|花王 くらしの研究

  

f:id:beautifuleveryday:20180726111207j:plain

 

そんなわけで、わが家のキッチンタオルはこまめに取りかえやすい手ぬぐいを使っています♪

 

ちなみに写真の手ぬぐいは、長崎の出島で買ったもの。 

VOCマークがあしらわれたデザインで、渋いところが気に入りました。

VOCというのはオランダ東インド会社のことで、江戸時代に唯一許されていた長崎(出島)で貿易を行っていました。

その影響は、今でも色濃く長崎に残っていましたよ。 

  

手ぬぐいの気にいっているポイント♪

         f:id:beautifuleveryday:20180726110118j:plain

 

 

  1. 丈夫さ
  2. 洗濯が楽
  3. コンパクトに収納できる
  4. 柄が豊富
  5. リーズナブル
  6. 用途もいろいろ

 

 

1.  丈夫さ

 

毎日使うものなので大切なのが、丈夫さです。

同じ時期に購入したタオルはヨレヨレしてきて取りかえを考えていますが、一方で手ぬぐいは色は薄くなっていますが使用感の変化はほとんど感じられません。

平安時代からある、日本の伝統織物は丈夫なんですね。

 

2.  洗濯が楽

 

「キッチンを衛生的にするためには濡れたらすぐ取りかえる」・・・となると、手拭きタオルをこまめに洗濯するということです。

 

そんなとき手ぬぐいだったら、雨や曇りの日でも洗濯して干したらすぐ乾きます。

 

それに、薄手なので洗濯機の中でも場所をとらないという奥ゆかしさ!

なので何枚でも気軽に洗濯できます。

 

3.  コンパクトに収納できる

 

薄手なので収納スペースに困りません。

クッション代わりにもなる?と思い、上の写真のようにキッチンボードの引き出しのカップ横にたたんで収納しています。

 

1番使いやすい場所ですし、さっと取り出してかえられるよう時短も兼ねて☺︎

 

4.  柄が豊富

 

後で紹介しますが、手ぬぐいにはいろいろな柄があります。

それこそ旅行で訪れた地のお土産屋さんなどでもよく売られているので、選ぶ楽しさもありますよ♪

 

しかも薄手だからか?派手なデザインでもインテリアを邪魔せず、むしろアクセントになっているような気さえします。

 

5.  リーズナブル

 

買う場所にもよりますが、安いものでは100均でも売っています。

私も豆絞り柄の手ぬぐいはダイソーで買いましたが、他の手ぬぐいと比べてとくに劣っているということもありません。

 

温泉地などでは500〜1,000円と少し値がはりますが、思い出にもなるのでお土産として買うなら一石二鳥ですよね♪

 

6.  用途もいろいろ

 

最後は用途ですが、手ぬぐいは手や体を拭く以外にも、いろいろなところで使われています。

例えば、「ほっかむり・首に巻いて汗拭き・災害時や応急処置」などです。 

 

昔読んだ小説に、「手ぬぐいだけは持っておきなさい」という言葉がありました。

なにかの時にも役立つんですね。

  

わが家の手ぬぐいコレクション

f:id:beautifuleveryday:20180726110841j:plain

 

左から順に、 

大分温泉の手ぬぐい

大分県の別府温泉で、紺とピンクの色ちがいを2枚買いました。

夫チョイスのキャラ買いです(^^;;

 

大分温泉の記事はこちらです♪

源泉数・湧出量日本一といえば、ほのぼのする別府温泉 - Haimame Talk

 

金沢マラソンの手ぬぐい

夫が出場した金沢マラソンで買ったもの。

スタイリッシュな金沢の街らしいデザインが気にいっています。

 

金沢観光の記事はこちらです♪

レトロとスタイリッシュ。相反する魅力があふれる不思議な街・金沢 - Haimame Talk

 

黒川温泉の手ぬぐい

黒川温泉の日帰り温泉で使う用に買いました。

黒川温泉の文字が入っていないので、時々忘れそうになりますが(^_^;)

 

黒川温泉の記事はこちらです♪ 

1ヶ所で6〜7種類の泉質を楽しめる♡大人おしゃれな黒川温泉郷 - Haimame Talk

 

近所のスーパーの手ぬぐい 

手ぬぐいを2枚しか持っていなかったとき近所のスーパーで調達したもので、300円くらいでした。

意外と吸収力もよくて生地も丈夫でした。

 

屋久島の手ぬぐい  

屋久島旅行で記念に買った手ぬぐいです。

自然に魅了された地だったので、眺めるたび思い出して楽しくなります。

 

屋久島観光の記事はこちらです♪

ハードだからこそ達成感がすごい!屋久島・縄文杉登山 - Haimame Talk

 

こんな感じで思い出の手ぬぐいというのも、日々の生活にスパイスをくれるアイテムになって良いものです♪

 

あとがき

f:id:beautifuleveryday:20180726123038j:plain

 

手ぬぐいを買うようになったきっかけは、日帰り温泉です。

温泉で使うタオルを調達しようと探したら、ステキな手ぬぐいを見つけました。

タオルではないけど、温泉に手ぬぐいというのも粋な気がして購入。

 

そして帰宅して「さてこの手ぬぐいをどうしようかな?」と考えていたら、祖父母の家では食器を手ぬぐいで拭いていたのを思いだしました。

そこで私も、キッチンタオルとして使うことにしました。

おかげで、最近では国内旅行で手ぬぐいを選ぶ楽しみが増えました♪

 

そんなわけでキッチンタオルには、「おしゃれで、清潔をキープできる手ぬぐい」はいかがでしょう?

 

Thank you so much!!