HAIMAME TALK

楽しいことをしよう

京都さんぽ・東福寺で紅葉と東西南北4つの顔をもつ「八相の庭」を楽しむ

 

こんにちはハイマメです。

 

  

京都さんぽで、人気の東福寺の紅葉を見てきました。

東福寺では紅葉とともに、東西南北4つの顔をもつという名庭園「八相の庭」も楽しむことができましたよ。

 

  

東福寺の紅葉

f:id:beautifuleveryday:20201123153544j:plain

 

東福寺には人気の紅葉スポット「通天橋」があり、予想通りの混雑でした。

「立ち止らずゆっくりお進みくださーい」という呼びかけにしたがって、ゆっくりゆっくり写真を撮りながら進むというスタイル。

この時期、「通天橋」の拝観料は1,000円とのことでした。

 

f:id:beautifuleveryday:20201123153549j:plain

 

通天橋はスルーしてお目当ての名庭園「八相の庭」へ。(東福寺本坊庭園)

東福寺の庭園は「枯山水庭園」といい、禅寺に造られた”水を一切使わない”名庭園。

白砂などで水の流れを表現してあります。

 

ちなみに日本の庭園には三種類があり、「枯山水庭園」のほかに「池泉庭園」「露地庭園」があります。

 

「八相の庭」の拝観料は500円でした。

ちなみに、こちらからも通天橋の混雑ぶりがうかがえましたよ。 

東西南北4つの顔をもつ名庭園「八相の庭」

f:id:beautifuleveryday:20201123151659j:plain

 

東福寺には東西南北4つの庭があり、それぞれ趣のちがう顔があります。(別名「八相の庭」)

 

八相の庭とは、四庭に配された「蓬莱」「方丈」「瀛洲」「壺粱」「八海」

「五山」「井田市松」「北斗七星」の八つを「八相成道(釈迦の生涯の八つの重要な出来事)」にちなんで命名されたものである。

 

南庭

f:id:beautifuleveryday:20201123153501j:plain

 

南庭には十八尺の長石を基本に「蓬莱」「方丈」「瀛洲」「壺粱」の四仙島があり、渦巻く砂紋は「八海」を表しています。

写真後方には「五山」になぞらえた築山があり、苔地と砂紋とを区切る斜線の表現が効果的。

 壮大な景色が浮かびますね。

西庭

f:id:beautifuleveryday:20201123153508j:plain

 

西庭は、さつきの刈り込みと砂地とをかずら石で方形に区切り、大きく市松模様に図案化されています。

井の字に等分されているのは古代中国の田制・井田(せいでん)にちなんでいて、井田市松と呼ばれています。  

北庭

f:id:beautifuleveryday:20201123153514j:plain

 

北庭のウマスギゴケの緑との対比が鮮やかな市松模様の敷石。

盛り上がった苔が見もの。

後ろの紅葉とのコントラストも素敵です。

東庭

f:id:beautifuleveryday:20201123153520j:plain

 

東庭には円柱の石で北斗七星が構成されています。

後ろの生垣は天の川を表すよう配置され、足元に夜空が広がっているかのよう。   

でも1番ほっこりしたのは名もなき庭

f:id:beautifuleveryday:20201123153528j:plain

 

一見なんの変哲もなさそうな、こちらの名もなき庭。(北庭と東庭の間にある)

わたしはこの庭が1番ほっこりしました。

縁側部分に座れるのでしばし庭を眺めて休憩。

いつまでも見ていたいような素朴な庭です。

 

実は左手奥の外側はかなり深さがあるようで開放感があり、まるで森の中にいるような感覚なのです。

ここで執筆活動をしたら、さぞかし良い記事が書けそう。なんて。

ちょっと無粋なことを考えてしまいました。 

アクセス 

 

つぶやき

f:id:beautifuleveryday:20201123160647j:plain

 

大勢の人で賑わっていましたが、コロナのせいか割と静かでした。

みんな気をつけながら観光を楽しんでいるのでしょうね。

割合としては20〜50歳代が多い印象で、外国人の姿も見られました。

 

食事処は混雑していないお店を選び、回転寿司『すし丸』へ。

秋田旅行で暴飲暴食をしてしまったので、量を調整できるのが狙いです。

思いがけずおいしいお寿司屋さんでした。

おしゃれなカフェでお茶したい気もしましたが、どこも混んでいたので今回は見送りに。

ではでは。