HAIMAME TALK

楽しいことをしよう

京都さんぽ四条と『麺匠たか松』のおいしいつけ麺

 

こんにちはハイマメです。

 

  

休日、京都さんぽをしました。

徒歩と電車で12000歩も歩きましたが、京都は見るところがたくさんあり楽しく歩けますね。

コロナのせいか人混みもわりと静かなので過ごしやすい。

夫が見つけてきたおいしいつけ麺も堪能できました。

 

 

京都さんぽ四条

f:id:beautifuleveryday:20201101114552j:plain

鴨川

 

鴨川ではたくさんの人が楽しんでいました。

10月末ともなるとはっきりと秋を感じますね。 

 

昼間はカーディガンで少し暑いくらいですが、陽がかげってくるとやや肌寒い感じ。

トレンチコートなどのアウターを着ている人も見かけました。

 

f:id:beautifuleveryday:20201101114547j:plain

先斗町

なぜか歩きたくなる先斗町。

素敵お店を見つけられそうな雰囲気なのです。

それにしても狭い通りですよね。

まさしくこれも見どころで、一見の価値があります。

 

f:id:beautifuleveryday:20201101114541j:plain

高瀬川

 

期待した紅葉にはまだ少し早いみたいで、11月下旬〜12月上旬あたりのようです。

初の京都の紅葉は、どこにするかリサーチしているところです。 

ランチに『麺匠たか松』のつけ麺を堪能する

f:id:beautifuleveryday:20201101114526j:plain

 

前に夫が食べて気に入ったという『麺匠たか松』に行きました。

つけ麺もラーメンもあります。

 

お昼過ぎに行ったらすぐに入れましたが店内は満席。

その後、続々とお客さんが並びはじめました。

でもラーメンは回転が早いので並んでもわりとすぐ座れるのが良いですよね。

はじめに入り口にある券売機で食券を購入します。

 

f:id:beautifuleveryday:20201101114531j:plain

 

注文したのは、つけ麺並盛り。

つけ麺はだいたいどこでも時間がかかりますが、『麺匠たか松』のつけ麺は細くて蕎麦に似ています。

だから早く茹でられるのか、待ち時間は短かった印象です。

 

麺は長野県産の全粒粉が使われていて、つけ麺の細い麺という感じで噛み応えもしっかりあり、のどごしもGOODです。

細いので箸でつかみやすく食べやすい。

 

スープは鶏魚介です。

豚骨魚介はよく食べましたが、鶏魚介スープははじめて。

豚骨よりさっぱりしていますが、魚介のコクが濃厚で美味です。

女性にも好まれそう。

 

トッピングに玉ねぎがついているのもめずらしい。

これまたよく合っていました。

 

紙エプロンがあるのも良いんですよね。

わたしはつけ麺のスープを服に飛ばしがちなので、本当にありがたいサービス。 

つけ麺のおすすめの食べ方があるらしい

f:id:beautifuleveryday:20201101124643j:plain

 

つけ麺のおすすめの食べ方があるようなので食べてみました。

ふつうに食べてもおいしいですが、味の変化を楽しめるのでなんだか得した気分になります。

 

すだちはさっぱりして安定のおいしさです。

そして黒七味というのがめずらしい。

麺に少量ふりかけるとピリリとアクセントになり引き締まりました。

これはちょっとハマりそうな味で気に入りました。

 

f:id:beautifuleveryday:20201101114534j:plain

 

今回1番気に入ったのがアオサ。

アオサ好きなのでうれしいです❤︎

「スープ割りにアオサをどうぞ」とのことですが、つけ麺にアオサを入れてもおいしかった〜。

 ということで、つけ麺好きな方にぜひオススメしたいお店でした。

 

アクセス

近くに本店もあるようです。

 

全粒粉自家製麺と鶏魚介スープ 京都発祥「麺匠たか松」

 

 

つぶやき

京都の街は道が分かりやすくて歩きやすいですね。

ガイドブックだけでなく、素敵なお店を歩いていて見つけるのも楽しそう。

店員さんも接客がしつこくないので、ゆったりと見て選べます。

 

京都に引っ越す前は楽しみもありつつ、独特な風習がありそうで不安な気持ちでした。

でも知っていくと少しずつ京都が好きになってきました。

京都さんぽもオススメです。

ではまた。