HAIMAME TALK

いくつになっても楽しみながら。。。

納得のおもしろさ!映画『パラサイト半地下の家族』

 

こんにちは、ハイマメです☺︎

コロナが落ち着いたらぜひオススメしたい映画『パラサイト半地下の家族』は、カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞したのも大いに納得の作品でした。

久しぶりに「もう一度観たい」と思った興味深い映画です。

 

映画『パラサイト半地下の家族』

f:id:beautifuleveryday:20200406143732j:plain

©パラサイト半地下の家族HP

 

事業に失敗し続け現在は無職の父キム・ギテク、同じく無職で気が強い母チュンスク、何度も大学受験に失敗している息子ギウ、実力はありながらも美大に入れなかった娘ギジョンの4人家族は、半地下にある家で内職で細々と暮らしていた。

 

ある日、ギウの友人のエリート大学生から留学の間、家庭教師の代わりを頼まれる。

頼まれた家は、IT社長パク・ドンイクの豪邸だった。

面接で気に入られたギウは、ある計画を思いつく・・・。

 

高台の豪邸に暮らすパク一家と半地下に暮らすキム一家。

相反する境遇の家族が関わり合った時、驚愕の出来事が起こる。

 

 

 

『パラサイト半地下の家族』は、映画好きな友達二人から「とにかく展開が早いのであっという間で飽きることがない」とオススメされました。

実際観たら本当に展開が早く、早いけれどストーリーや描写は素晴らしかったです。

 

そして、中盤からはサプライズもあり楽しめます。

”同じ穴のむじな”というキーワードが出てきますが、まさにパラサイトと言える展開です。

 

この映画を観たら、韓国の格差社会や受験戦争、日常などをざっとイメージすることができます。

おかげで、いつも韓流ドラマを観て韓国に憧れがありましたが、私が韓国に生まれたら真っ当に生活できるだろうか?と考えると複雑。

成績優秀でないと淘汰されるので厳しそうです。

 

犯罪系ですが、展開が早くスムーズなので痛快な印象までしてしまいます。

韓国映画お得意の含蓄のあるセリフなども見所ですが、今回は高所得者が見る低所得者の特徴なども興味深いものでした。

でもそれって高所得者になってみないと分からないものじゃない?とも思うと、なんだかそれも複雑。

 

最後はぼんやりしていて物哀しいような希望があるような結末で、人生について大いに考えさせられました。

仕事があるという当たり前のことが、ありがたいことなんですよね本当は。

コロナ騒ぎもあり、より一層感じました。

しばらく映画館へも行けなそうなので、自宅で映画を楽しもうと思います。

 

Thank you so much!!