HAIMAME TALK

楽しいことをしよう

お年賀でもらった”鳴門金時芋の心斎橋ぽてと”が美味

 

こんにちはハイマメです。

 

  

お正月2日目はテレビで箱根駅伝を応援した後、夫の実家で新年会でした。

義妹ちゃんからもらったお年賀”鳴門金時芋の心斎橋ぽてと”は、上品な甘さと優しい芋の味が美味なスイーツでした。

 

お年賀でもらった”鳴門金時芋の心斎橋ぽてと”

f:id:beautifuleveryday:20210103150134j:plain

 

いつもおしゃれで美味しいスイーツをくれる義妹ちゃんから、お年賀で”鳴門金時芋の心斎橋ぽてと”をもらいました。

 

四国・徳島から、さつまいもの王様”鳴門金時芋”が大阪・心斎橋にやってきました。

 

長崎堂契約農場で採れる”鳴門金時芋”は吉野川河口の海砂を利用した砂地畑で栽培しています。

 

その色つや、甘さは栗にも匹敵し日本一と云われています。

 

”心斎橋ぽてと”はその鳴門金時芋で作った芋ペーストを使用し、じっくりと焼き上げたお菓子です。

 

上品な甘み、素朴な味わいをお楽しみください。

 

長崎堂

 

ということで、さっそく開封。

長崎堂の”心斎橋ぽてと”は、重厚感ある箱の中に9個入っていました。

袋を開けるとほんのりスイートポテトのような香りが。

 

f:id:beautifuleveryday:20210103151652j:plain

 

一口食べてみると・・・余計なものが一切入っていないような、さつま芋そのままの風味です。

ま、実際は何かしら入っているみたいなんですが。

そして上品で控えめな甘さだけどコクを感じる美味しさで、何個でも食べられそうな軽さもありました。

 

デジャヴ?年末に鳴門金時芋をもらっていた!

f:id:beautifuleveryday:20210103150136j:plain

 

それはお年賀をもらう数日前のことなのですが。

年末に夫が知人からお土産に鳴門金時芋をもらっていました。 

知らなかったけど鳴門金時芋って有名なのですね。

そう言われてみると芋の色も鮮やか。

 

だからお年賀で「鳴門金時芋」と聞いたとき、これは芋デジャヴだと思いました。

もしくは引き寄せの魔法か何か。

不思議なことがあるものですね。 

とにかく嬉しい。

 

どういう風に調理して食べようかと思っていましたが、ということはこれを蒸してペースト状にして焼けば”心斎橋ぽてと”のようになるのでしょうか。

表面に少しバターを塗って焼けば、美味しいスイートポテトができそう。

試しに作ってみようと思います。

 

というわけで不思議な体験をしたお正月でした。

ではでは。