HAIMAME TALK

楽しいことをしよう

洗濯マグちゃんを自作してコストカット!

 

こんにちはハイマメです。

 

  

洗濯に使用していた洗濯マグちゃんのメンテナンスをしました。

でも・・・ちょっと心配になり、マグネシウムの状態を観察できるよう自作してみることに。

リサーチしてみると意外と洗濯マグちゃんを自作している人もいるんですね。

 

洗濯マグちゃんとはマグネシウムの洗剤です↓

www.hibiscusmameko.com

  

洗濯マグちゃんを自作してみる

f:id:beautifuleveryday:20210121231357j:plain


主な材料はこちら、マグネシウムと洗剤用ネット。

それにマグネシウムの重さを測るスケールです。

洗濯物の量によって洗濯マグちゃんの量も変わるので、だいたい6kg分の洗濯物と想定して70gを2つ分作りました。

 

f:id:beautifuleveryday:20210125145255j:plain

 

洗剤ネットは8gなので、マグネシウム70gと合わせると78gになります。

自作すると量を調整できるのも良いですね。

チャックの口が開かないか不安なので、糸で軽く縫い付けるかも。

 

 

メンテナンスは簡単(自己責任で)

f:id:beautifuleveryday:20210125150144j:plain

 

洗濯マグちゃんを自作する前に、持っていた洗濯マグちゃんのメンテナンスをしました。

復活させるのが狙いです。

 

メンテナンス方法は、”クエン酸水に浸すだけ”とシンプルです。

(自作すれば目でマグネシウムの状態を観察できるので安心)

先日行ったキャンドゥでクエン酸を調達。(100円)

 

※注意

洗濯マグちゃんの製造会社によると、「クエン酸でのメンテナンスは不要」なのだそう。

むしろ「マグネシウムが小さくなってしまうのでオススメしない」そうなので自己責任ですが。

 

f:id:beautifuleveryday:20210125150209j:plain

 

手順は、

 

  1. 水にマグネシウムを入れる
  2. 適量のクエン酸を入れ軽く混ぜる(泡が出てマグネシウムが反応する)
  3. マグネシウムの色が変化し、きれいにピカピカになる
  4. ザルを使って何度か水洗いしクエン酸を取り除く(反応し続けてしまうのを防ぐため)
  5. 自作の場合、マグネシウムを洗剤用ネットに戻したら完了

 

ほら簡単です。

市販の洗濯マグちゃんでも、こうしてメンテナンスすれば復活させるられるみたい。

ネットが開けられないので軽く揉みました。

 

でもね・・・。

できれば本当にピカピカになったのか、マグネシウムの状態を確認したい。

自作のマグちゃんなら確認できる上にコストも安い!

そんなわけで洗濯マグちゃんを自作することにしたのです。 

 

ただしメンテナンスをしてもマグネシウムは永遠に使えるわけではなく、少しずつ小さくなるので今後のためにもマグネシウムは400gを購入しました。

   

f:id:beautifuleveryday:20210125145152j:plain

 

一度は洗濯マグちゃんを再購入しましたが、これからは自作しようと思います。

家計もコンパクトになりそう。

そしてメンテナンスも楽しみです。

ではでは。